粉類、袋ごと収める理想のストッカー。

こんばんは、ヤマネコです。

昨年の秋、小麦粉などの収納方法を見直しました。

 

調理用の粉類をスーパーで購入していた頃、選んでいたものの大半は1kg前後の袋入りでした。でも年々お菓子やパンを手づくりする機会が増し、ネット通販でもっと大容量入りの材料を買うことが増えています。小麦粉については業務用の25kg入りなどを買ったこともあるのですが、使い切ることはできても管理が少々難しい印象。わずかに割高でも、今は2.5kgの袋をまとめ買いするようになりました。

同時に検討し直す必要が出てきたのが、管理方法。

一般家庭の小麦粉用ストッカーとして販売されているものは、やはり1kg袋が基準になっていることが多く、わが家にとっては小さすぎる。でも業務用を見ると大きすぎたり、高価すぎたり。ちょうどよいものを見つけるのが難しかったんです。

色々思考錯誤した結果、今回取り入れたのがこちらのケースでした。

半透明のケースで、中に入っているのは2.5kgの粉(以下、小麦粉や米粉などの写真が混在しています)、未開封のもの。それが丸ごとすっぽり収まったこちらは、思い描いていたとおりの容器です。

 

求めていたのはこんな条件。

  • 最大2.5kgの袋が丸ごと収まること(大きすぎても困る)。
  • 開閉がしやすく、且つしっかり密閉できること。
  • 食品用であり、丸洗いとアルコール消毒ができること。
  • 軽くて扱いやすいこと。
  • ケース同士を並べたり重ねたりしやすいこと。
  • 一つ千円以下であること(長期的に使えそうであれば少し高めでもいい)。

容量と形状、且つ密閉できるかどうかがとくに難関でしたが、ようやく見つけたのが今回のケース。

一つ目を使い始めて半年ほどになりますが、使い勝手はとてもいいです。

 

商品名に「6.0」と入っているので、おそらく容量は6L程度。私の場合は実寸サイズのほうを確認しながら選びました。

約幅10×奥行25×高さ30.5cm

これならいつも買っている2.5kgの粉袋が余裕をもって収まりそうだなと。

蓋は昔ながらのシール蓋。硬すぎることもありません。外せるパッキンがないぶん洗う部品も少なく、扱いも楽。

(本体)ポリプロピレン (フタ)ポリエチレン

材質もアルコールOKのもの。これらの素材は透明度が低くなりますが、中身の状態やパッケージの文字は確認できそうなので文句なし。ガラス製品も好きなのですが、中に2.5kgの粉を収めるとなるとかなり重くなるので、今回は軽いことを優先させました。

そしてこちらは「乾物ストッカー」という名称で、容器の底には乾燥剤を入れるスペースがあるんです。

底に上部と同じようなシール蓋がついていて、乾燥材の出し入れも楽々。

この乾燥材は、サイズさえあえば自分で用意したものを使うこともできますが、二袋(シリカゲル)が付属しています。しかも湿気を吸ってしまった小袋を電子レンジで温めると、状態が戻ってくり返し使えるようになるのだそう。

乾燥剤も使い捨てにならない、という点もすごく気に入りました。

 

付属の乾燥材はしばらく使っていると色が変わってお手入れ時期がわかるとのこと。ブログでまとめるためにもそれを半年間待っていたのだけれど、冬場のせいか今のところ変化なし。またお手入れする機会が訪れたら、改めてご報告させてください。

尚、乾燥材については市販品でも「くり返し使えるもの」と「使い捨てにするもの」が存在します。もし買い直す場合にも、できるだけ前者を選ぶつもりです。

 

形状、材質、機能性、長いことさがし続けていたので、かなり理想的なものを選べたと思います。

こうして粉袋の形状をあまり変えることなく(無理やり押しこむ必要なく)収められる点も本当に便利。

お菓子づくりなどの際、容器に袋を入れたまま中身(粉)を出すときにもストレスがありません。扱いやすさはこれまでで一番。

 

当初は重ねて収納する検討もしていたけれど、こうして袋がすっぽり収まることが前提だとケースの高さもそれなりにあり、並べての管理が中心になりました。

同じケースを複数並べて使うことにしたので、上や横から見たときに粉の種類を確認するための対策は必要。ただ並べる順番などを把握しているので、私だけが使う環境であれば、ラベルづけなどをしなくてもあまり支障がなさそうです。

 

難点をあげるとすれば、粉(袋)のスペースと乾燥剤のスペースの間(仕切り)に穴があり、こぼれた粉が通り抜けてしまうこと。これは購入前からどうだろうか? と悩んでいた部分です。

ただ使い始めてみたら底に落ちた粉の掃除がしやすいことに気づき、むしろ利点のようにも感じています。今のところそれ以外の不満もありません。

またわが家では問題なかったのですが、ケース本体に高さがあるぶん、この容器を収めるスペースによっては出し入れしにくかったり、入らなかったりする可能性がありそう。2.5kgの粉袋との相性は抜群でしたが、既存収納スペースとの兼ね合いは要確認だと思いました。

 

そして価格はお店にもよるものの、一つ600円前後。乾燥剤までついているのにこの設定はありがたいばかり。

私としては、長年さがし求めていたのはこのケースだといえるくらい理想のもの。必要な範囲で買い足しもしながら、大袋で買っている粉系の収納問題はここで一段落したと思えています。

 

こちらのお店の通常価格で買ったのですが、現在セール中だったのを機にブログでまとめました。

 

本日の猫。

数年がかりのダイエットが成功しつつある兄猫。長い長い闘いでした。

今後は体重をキープしていきたいところ……他人(猫)のことばかり言ってないで私も心がけます。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き