見たくない検索画像、PCでの対策。

こんばんは、ヤマネコです。

私の暮らしではインターネットがとても身近なものになっています。

多くの方にとってもそういう存在でしょうか。私の場合は扱いやすさからパソコンがメイン。起床後の朝活が一通り終わったところで起動させ、まずは仕事やメールチェックに使い、それ以外にも検索をしたり、音楽や動画を楽しんだり、こうしてブログを書いたりするのもパソコンでの作業。小一時間ほど退席するくらいならそのままの状態にしておくため、電源を落とすのは就寝直前という日がほとんどになりました。

今や暮らしの中にパソコン、そしてインターネットがない状態を考えられません。

 

生活の中で困ったことや、気になるレシピなどは本を手にしたり身近な人に助けを求めたりすることも多いけれど、第一段階としては大抵ネット検索しています。時短になるし、誰かの手をわずらわせずにすむなら理想的だと思うため。

そしていつも迷わずとるのが、Googleで検索するという方法。メインで使っているブラウザがChromeということもあり、これも一般的な流れだと思っています。

ただ、ちょっとしたことを自分で調べるとき、避けられない大きな問題がありました。

 

とくにこの季節は増える悩みごと、虫、について検索するとき。

たとえば「虫の名前 対策」といったワードで検索する。
あるいはその見た目や、遭遇した状況などでなんの虫なのか? を検索する。

うまくヒットすれば、あっという間に表示される検索結果。そこにはまさに求めていた情報が出ているはずなのに、大抵一緒に並んでいる画像が苦手で目を逸らしたくなりました。

 

虫以外でも、あまり画像では見たくないものが時々あります。健康状態などで検索して出てくる痛々しい患部や体内の画像、自分でも抱えている暮らしのトラブルで検索したときに出てくるひどく傷んだ(かびだらけなど)食品の画像など。それ以外にも色々。

とても参考にはなるのだけれど、心の準備をする時間がほしい。ワンクッション入れたい。できれば先に文章での説明を読んだ上で、これかな? と思うものをピンポイントで閲覧したい。ずっとそう思っていたんです。

 

そんなときに出会ったのが、GoogleのブラウザChromeに追加することのできる「Image blocker」という拡張機能でした。

ブラウザ自体も無料で使えますが、こちらの拡張機能も無料で使用可能。私はすでに追加ずみの画面になっていますが、「Chromeに追加」というボタンを押して、ブラウザを再起動させれば完了です。

そしてこの拡張機能をオンにして検索すると、画像がすべて非表示になるんです。

上の検索画面は「猫」の画像検索結果。本来なら猫関連の写真やイラストがずらりと並ぶのですが、すべて非表示になりました。

稀に表示されてしまう画像(拡張子や表示形式が違うものだと思います)もあるのですが、これだけ非表示になれば虫の名前で検索するときも一安心。

もちろん、非表示にした画像を表示させることも簡単にできます。

上の画像、右上にある青い矢印のアイコンを押すだけ。ここに該当するアイコンがなければ、赤いアイコンを押すと追加されている拡張機能がずらりと表示されると思うので、やはりそこから選んで押すだけです。

  1. Chromeで、Googleの検索画面を開く。
  2. 拡張機能Image blockerをオンにする(アイコンを押す)。
  3. 通常どおりに検索する。

これらの工程の順番は前後しても大丈夫。検索画面を開く前、あるいは検索結果が表示されてから拡張機能をオンにしても使えます。ただ私のように虫写真がすごく苦手なようであれば、表示されてから慌てて対応するより、最初から機能をオンにした状態で検索するほうが安心かなと。

そして注意点もいくつか。

  • 検索結果が表示される際、一瞬だけ画像が読みこまれることがある。一時的に目をつむっておくと不安軽減。
  • 新しいウィンドウやタブに移動すると拡張機能がオフになる。その都度オンにする作業が必要。

ひとまず不安のないワード(私の場合なら「猫」など)で試してみるといいと思います。

実は使い始めて数年たつのですが、未だにうっかりすると苦手な画像を見てしまうことも。それでもだいぶ不安だった検索作業が楽になりました。

 

何年か使用を継続しているのに、今更のようにブログに書こうと思ったのは最近になって友人間でそんな話題が出たためです。対虫。毎年同じ悩みを抱える季節、私自身も時々相談を受けるようになりました。そして検索したいけれど画像が怖くて調べられない、そんな話もよく聞きます。

この拡張機能ではちょっとした注意点もあり、結局確認のために画像を開かなければいけないこともたびたびあります。ただ虫の形状などがはっきりしている場合(Gなど)は、その写真を見る必要もないかなと。日常的に潜む恐怖へのワンクッションとして、この機能には本当に助けられています。

 

本日の猫。

今日は点呼をとった(?)タイミングで、兄猫が見当たらないことに気づいて慌てました。

どこにいるのかしばらくさがし、見つけたのがキャリーケースの中。猫たちにとってもやや肌寒い一日だったようです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き