2021*冬インナーは、ホットコット。

こんばんは、ヤマネコです。

冬のインナーは毎年ちょっと悩むのですが、今年は昨冬から「これにしよう」と決めていました。

ベルメゾンの、ホットコットシリーズです。

発熱生地などの商品は色々なメーカーから出ているけれど、こちらは綿の混紡率が高い(綿95%・ポリウレタン5%)ことから気になっていました。

メインの私服がベージュ系のワンピースなので、インナーに選んだのもサンドベージュのワンピースタイプ。

ホットコットが気になり始めた理由は色々とあるのだけれど、まずワンピースタイプがあること。更にはこういったインナーとしてはめずらしくウエスト部分での切り替えがなく、全体が同じ生地という点にも期待を持っていました。

一般的に、下半身部分に足さばきのいいさらっとした生地が使われる理由もわかるのですが、それが静電気の理由にもなっているかなと。そこで「ワンピース型なのに素材は全体的に綿中心」というものを試してみたかったんです。

 

着用を始めたのは二週間ほど前。楽天店での注文を考えていたらなかなか手に入らず、衣替えから少し遅れての採用となりました。ただ寒さは日ごとに増しているので、ちょうどよかったかなと思います。

  • 想像していたよりも体にぴったりフィットする着用感。
  • 生地の「発熱」についてはまだはっきりわからないが、一枚重ねた温かさに満足。
  • 今のところ、着用中、着脱時を含めて一度も静電気を感じていない。
  • 七分袖なので、時々ワンピースの下でまくれあがってしまうことがある。
  • 首筋や裾から、インナーが覗いてしまう可能性を感じている。

率直に、ざっくりとした感想は以上です。

 

インナーは普段サイズを選んだつもりですが、思いのほかぴたっと体に密着する着用感で最初は少し驚きました。裾(太ももまわり)以外は腹巻を思わせるぴったり感。でもそれが温かさにつながっている可能性もあり、数時間後にはまったく違和感がなくなりました。

生地自体の発熱については正直わかりません。でも薄手なのにぽかぽか。何より着用を始めてから一切パチパチがないことはすごいと思う。

今後、機能性の変化はあるかもしれませんが、化繊インナーの静電気は日中こそ気にならなくても、着脱時は仕方がないものとあきらめることが多かったので、それがないホットコットについては思わず感動してしまうほどでした。

裏側の縫製も丁寧。

洗濯タグもプリントなので、異素材が肌にあたることで起こる痛みやかゆみもありません。もともと綿素材のワンピースを着ているので、インナーを重ねていることを忘れてしまいそうです。

 

気になったのが、手持ちのワンピースとの相性。着画で失礼します。

右の(猫が侵入している)写真、インナーの裾がちらっと見えている状態になってしまいました。

ただ先にも書いたとおり、このインナーは腹巻とも思えるくらい体にぴたっとフィットしています。そのためウエストの部分で少しひだを寄せるようにたぐっておくと、裾からのチラ見えを防ぐことができました。

すごいと思ったのは、この状態が一日維持できること。動いたり時間がたったりするうちにずれてしまうことを想像していたけれど、一度も見えてしまう状態に戻っていることがありませんでした。動きや体格(選ぶサイズ)にもよると思いますが、裾については心配することがなくなりました。

 

もう一つ気になるのが、襟元。前(デコルテ部分)は大きくあいているため不安もなかったのですが、背中側、襟首辺りが微妙かなと。うなじの下辺りでインナーが見えているように感じるんです。

ただ家族に確認してもらった限りチラ見えはしていないとのこと。直立姿勢のときはもちろん、おじぎをしたり、しゃがんだりしても問題なさそう。指で直にさわるとギリギリのようにも感じるのですが、今季のワンピースとの相性は悪くなかったようでホッとしました。

ただ和装の際は避けようかなと。そこが私にとってはちょっとした残念ポイントとなっています。

 

あとはワンピースの長袖の下で、インナーの七分袖がまくれあがってしまうのも気になるところ。ただそもそも私自身の腕が短めなので、インナーは長袖ではないほうがいいのかなと思うのも本音。

襟や裾からのチラ見えが気になることを考えれば、袖についてはその心配が一切なく、許容範囲だと思えました。

 

体(とくに腰回り)にこれほどフィットするタイプのワンピース型インナーはたぶん初めて。着用してみて初めて気づく部分もありましたが、大きな不満はゼロ。生地も含めてすごくよかったなと思いました。

もう一つデメリットをあげるとしたら、なかなか購入できなかったこと。販売数が少ないのか見るたびに品切れの連続で、希望のサイズや色を注文するのにしばらく待ちました。

ただ今のところ大きな劣化はなく、毛玉もできにくそう。一度購入して使い始めたらワンシーズンはもってくれることを期待できるのではないかなと。冒頭でも書いたとおり昨シーズンから試したいと思っていたものなので、購入できて幸いでした。

今年の冬のワンピースのインナーはこの二枚で乗り切りたいと思っているので、また気づくことがあればご報告させてください。

 

 

本日の猫は、ホットコットと初遭遇した日の猫。

例にたがわず、のってみる。

ただインナーとはいえど猫を抱っこするときにも着用するもの。

こうした猫のチェックで合格点をもらえると、「素材」としての安心感が高まることを実感しています。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き