材料3つ、雪活のホットチョコレート。

材料3つ、雪活のホットチョコレート。

こんばんは、ヤマネコです。

今日は、私が住む地域にも雪が積もりました。

都会から離れているとはいえ、暮らしているのは関東。雪が降る機会は多くはなく、積もるともなればちょっとしたお祭り気分。一週間ほど前に天気予報を確認し、ずっとそわそわしていました。

 

今の家で暮らし始めてから始まった、私の雪活の一つがホットチョコレートを飲むこと。

この地域だと、雪が降ることが多いのは1~2月。ちょうどバレンタインシーズンにあたるのと、寒いと甘くてあったかいものがほしくなる、そんな感覚から始めたのだったと思います。

数年前、ちょうど今の季節に旅をしたとき、寒さから逃れようと飛び込んだ小さなカフェで出会った、濃厚なホットチョコレートが忘れられない。そんな想いもあって、わが家のホットチョコレートは「ドリンク」というより「クリーム」に近いくらいの一品です。

毎年、毎回、雪が降ると思い出したようにそんな話にふれてきましたが、改めてわが家のレシピを。

 

材料は三つ(以下の分量は1~2人分)。

  • ミルク…200ml
  • チョコレート…100g
  • コーンスターチ…大さじ1

ミルクとチョコの分量は、覚えやすく「2:1」。コーンスターチはとろみづけのためなので、省いても大丈夫。そのほうがドリンクっぽくなります。

材料すべてを小鍋に入れて、ヘラなどでかき混ぜながら弱火で温めるだけ。

コーンスターチを加えた場合は徐々にとろみがついてくるので「好みの硬さになったら」、コーンスターチを省いた場合は「チョコレートがしっかりとけたら」、火を止めます。

カップに流しこむ…というより、もりつけたら、できあがり。

 

先週から(おそらく)雪が降ることを知っていたので、材料はすべて数日前からスタンバイ。生クリームも新たに冷凍しておきました。でもミルクのストックを切らしてしまい、昨日のうちに家族に買ってきてもらいました。

そして念願の雪見酒ならぬ、雪見チョコ。自宅で雪見ができる機会はとても貴重なので、こういう定番の楽しみ方も大切にしていこうと思っています。

 

ところで…今さっき(暗くなってから)、家族が定規を持って「雪が何センチ積もったか測ってくる!」と小走り気味に出て行きました。寒いのに。

結果、わが家の庭に積もった雪は8cmほどだったそうです。
教えてくれてありがとう…。

ふだんこういう行動を起こすタイプではないような気がしていたのですが、久しぶりの積雪に浮かれていたのは私だけではないようで、ちょっとホッと(?)しました。

 

わが家でも(できるだけ)毎日挑戦中のテーマ。

ご報告はインスタグラム(@yamanekotora)でしています。

 

本日の猫。

雪見猫、ならぬ猫見雪?

遠目に見ると、空も庭も真っ白。

何か見えるのでしょうか…。

「雪が見えます」
「ですよね」

するとしたら、そんな会話。

今年はこたつで丸くなれない猫でした(こたつがないので)。

 

雪の少ない関東だからこそ、事故などの心配が多いように思います。
ご帰宅中の方もいらっしゃる時間帯ですが、今日明日はとくにお気をつけくださいませ。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、応援ポイントが入ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ