空になった本棚と、持たない猫用品。

こんばんは、ヤマネコです。

昨年末から三ヶ月強を費やして、大掛かりな書籍整理をしていました。

当初の計画は「本棚一つを空っぽ」にすること。
最終的な結果としては「本棚二つが空っぽ」になりました。

 

仕事柄、一般的なお宅よりも蔵書が多いほうだと思います。毎月、新たに手にする冊数も多いです。本棚も複数あり、空にするのはその中の一つの予定でした。

といっても単純に一つの本棚から全出しして手放すというわけではなく、複数ある本棚から少しずつ抜く形で整頓していき、最終的に「一つ分が空っぽ」という状態を目指しました。三ヶ月かかってしまったのはそれも理由です。

蓋を開けてみれば本棚二つが空っぽになったので、時間をかけてよかったのかもしれません。

 

本棚、といっても色々あると思うのですが、真っ先に空になったのは(記憶では)MDF板の白い本棚。

幅75cm。奥行きが浅めですが天井に突っ張りが利くタイプで、安定感もありました。

部屋が狭くて写真一枚に全体像が収まらないのですが、先月のミニマルデーに空っぽにできました。

 

それから少し遅れて、こちらがメインの本棚。

本棚、本棚、と呼んでいますが、スチールラックです。幅120cmのものが数台。

本当はインテリアに馴染む本棚がほしかったけれど、当時は「めいっぱい本を詰めこむ」という気持ちでいたので、耐荷重を考えると他に選択肢がなかったんです。仕事部屋で使う(ふだん私以外は見ない)のでいいかなと。

おかげさまで、棚板一枚でも130kgの重量に耐えられます。私が乗っても大丈夫なはず。

 

このスチールラック。写真では二つが空になっているように見えますが、下段にはまだ残した本などが入った状態で撮影しました。ただ容量的に「一つ分は空っぽ」になっています。

白い本棚とスチールラック、あわせて本棚二つ分を空けたつもりです。

 

この八年間、写真の二つのスチールラックは横並びで使っていたのですが、思うところあって模様替えを始め、今回は部屋の一角にL字型で配置。今のところ残す中身(書籍や仕事道具)については適当に空いた下段に収めており、収納についてはこれから少しずつ考えていきます。

ただこのラックを空にした最大の目的は、猫たちに開放すること。

まずはそこから手をつけることに。

 

と思った矢先、空いた棚に止める間もなく子猫が飛びこんで行きました。そのまま自由に使ってもらおうかと思ったのですが、さっそく教えてもらった問題点が、棚の高さ。

これまでずっと、収納する本の高さにあわせて棚板の位置は固定してありました。

猫が入るにも申し分ないスペースがあるので、その配置もとくに変更はしないつもりだったのですが、この状態だと、いったん棚に飛び乗った猫が「中で上下階に移動する」のは大変そう。

(上の写真と下の写真で棚の位置が変わっているの、お分かりいただけるでしょうか……?)

そこで双方の高さを調節しなおして、交互に移りながら上って行けるようにしました。

行けると思うなあ。

このあと子猫は難なくクリアしましたが、他の子たちも含めて慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。でももう急ぐ理由はないので、地震対策(これは少し急ぐ)や収納の見直しとあわせて、猫たちと相談しながら進めていこうと思っています。

 

これでまた購入の延期となったのが、今の家では一度も買っていない大型のキャットタワー

あったらきっと大はしゃぎで(主に子猫が)遊んでくれると思うのだけれど、今はこうして既存の家具を開放する形での冒険を楽しんでもらえたらいいなと。

その代わり、私なりに誠心誠意、猫たちのための工夫を続けていきます。

 

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ