2024.6.15 現在一部の画像が表示されないトラブルが起きています。様子を見つつ順次対応いたします。

azuma*二階の窓掃除に、高所ワイパー。

こんばんは、ヤマネコです。

一年ほど前に窓掃除用アイテムを買い足しました。

アズマ工業の高所ワイパーです。

八年ほど前に同社のお掃除用品(下の写真のロングモップ)を購入し、今回は交換用ヘッドのみを追加した形です。

このシリーズは私が検討し始めた限りでも十年以上販売されているもので、実際に八年前の購入品と簡単に組み合わせ可能でした。

他社のお掃除用品のように次々と新商品が出たり改良されたりするわけではないけれど、すでに理想の形として完成されたものが長年販売され続けているというのは優秀な道具ならではという印象です。

 

このシリーズの特徴は、とにかく高所掃除が楽になること。

たとえば一階の床に立った状態でも二階(吹抜けなど)の窓を拭くことができるし、屋外で使うことも可能です。当初はガラスワイパーを使っていたのですが、モップタイプだと雑巾やウエスを使った窓掃除が楽になるかなと買ってみました。

じつは使用中の写真撮影ができず、以下の写真はお借りしたものです。

 

※アフィリエイトサイトにより、転載許可のある範囲で写真をお借りしています。

 

モップは成人女性でも難なく持つことができる重さだと思いますが、最大限伸ばし、数メートル先の先端で窓を拭くというのはちょっと大変な作業でした。

(その状態でセルフ撮影するのは不安でした)

ただこれまでしっかりとは手が届かなかった部分まできゅっきゅとこすり掃除できるようになったのは本当に気持ちよくて、室内側からはもちろん、庭に出て二階の窓を掃除する作業はとても楽しくなりました。

ただし上の写真のようなヘッドの回転は手動でしかできません。その都度モップ先端を手元に戻さなければならないのだけれど、そのぶんしっかり固定されるのでグネグネと動いてしまうものより思いのほか扱いやすく感じました。使ってみた感想としては、この長さの場合はこの仕様で良かったなと。

 

唯一悩ましかったのは、お値段。この高所お掃除シリーズはどれも試してみたいと思うのですが、セットで購入すると定価で一万円を超えます。

そのためわが家では最低限のものだけを購入。現状手元にあるのは三種類で、セール価格(プラス八年前の物価)などにも肖り五千円以下で手に入れることができました。

そんなモップ(交換用ヘッド)を注文したのは、昨年の簾掛けを買ったとき。

当時はお試し前だったのでご報告していませんでした。

あれから一年以上愛用しているのですが、モップ自体には今のところ劣化なし。本体(ロングポール)のほうが五年以上使ってなんともないので一切不安はなかったけれど、期待どおりの丈夫さでした。

 

わが家の場合、高所の窓掃除は月に一度か二度程度。そのための掃除道具としては高価だと感じ、買うのを迷っていたのが十年前のこと。

でも実際に使ってみたら、安定感があり、丈夫であり、数年後でも部品を買い足したり買い替えたりできるという利点を実感。本体もこまめに買い直す必要がないので、丈夫さというのはコスパの良さにつながることも再確認しています。

現在、梅雨。雨が降る日も多いです。

ただ雨上がりに窓をこすっておくと、後日の掃除が楽になります。それは普段は掃除しにくい高所でも感じることなので、このモップは今の季節も大活躍。

猛暑続きとなりそうな八月の窓掃除に不安があるので、今のうちからいつもよりちょっとだけ頑張り始めたところです。

 

個人的に、今まとめて買うなら後者のセット(一番使っている二種類のヘッドつき)を選びます。

 

本日の猫は、昨年三月の弟猫。

パッケージついているタグに興味を持っています。

持てそうで持てない。

あれからあっという間の一年でした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き