春服を手放すのは、今。

春服を手放すのは、今。

こんばんは、ヤマネコです。

関東は3月に入ると同時に暖かさを増し、それにあわせて私も春じたくを始めました。

まずはこれからお世話になる春アイテムに想いをめぐらせながら、そろそろお役御免となる冬のあったかグッズなどを確認するところから。

まだすぐには手放しませんが、チェックだけでもと。

 

洋服でいえば、半袖は早いかもしれないけれど、七分袖くらいならそろそろ。
逆に厚手のニット類はお手入れして収納しなおすか、猫のベッドにするかを決断。

私がふだん着ているワンマイルウェアは、もともと2~3パターンしかないため、少数でまわしている劣化の早さから季節の変わり目には総入替えが前提だったのですが、今季は毎日は着なかったもの(とくべつ寒い日だけ活用していたセーターなど)もあり、可能なメンテナンスをすませつつ、来季まで収納しておくものが複数ありそうです。

 

そんな作業の中、私がまっさきに手放すことを決めたのは数点の春服。

冬服ではなく、本来ならこれからの季節に出番があるだろうアイテムでした。

 

昨年の晩春にも、「来季は使わないだろうアイテム」は手放し済み。

それから季節をひとめぐり。今になってまた手放す春服があるのはおかしな話なのですが、この数ヶ月の間に変化した気持ち、環境、その他もろもろの理由から、「今季は使わないかな」と思えるものが再び出てきたのでした。

そんな春服を「今」手放すことにも、意味はあります。

捨てるか否かで迷うようなものを保管していたわけではないので、このタイミングで手放せる春服なら「すぐに」使ってくれる人を探しやすいと思えたからです。

 

私は、ものを手放すのが本当に不得意。
でも誰か使ってくれる人がはっきりしているときは、すんなり心の整理がつきます。

そのために「春服を手放すなら春先」というのが、私の単純な思考回路でした。

 

実際に、先月半ばに手放そうと決めた服はもう手元にありません。

一番着用機会の多いワンマイルウェアこそ数が少ないけれど、よそ行きの服は別途持っているので(それも少なめですが)、今回整理したのはそういった外出着と、ついでに季節はあまり関係のないフォーマルウェアも。

ずっと「これは手放さない」と決めていたワンピースも心の整理がついたので、この機会に。セットで持っていたバッグやアクセサリー類も含めて、まとめて人に譲りました。

 

あっさり決まった譲渡先は、娘さんがいる親戚宅。幸いなことに、喜んで受け取ってくれるとのことでした。

もらってくれる人が決まると、ついでにあれも、これも、と整理がはかどるのも利点。先方の負担にならないように配慮は必要だけれど、今回は「捨てても売ってもいいから」という言葉を受け止めてくれる相手だったので、手加減なく進行させてもらいました。

これから春だというのに、私のクローゼットはスカスカで寒々しくなっているのですが、なんだか気持ちはすっきりです。

そしてこれから…

手放す前より数が増えない程度に、新しい春服を迎える。
慶事用のフォーマルワンピは、しばらく様子を見ながらレンタルを考えておく。

今年の春じたくの一つは、こんな形で終える予定です。

 

このテーマとあわせて、買い足す春服を考えます。

 

本日の猫。

猫なりに、写真うつりには気を使っています。

肉球ショットは、安売りしません。

見せるときは、ちらっと。

時々カメラ目線でサービスすれば、カメラマン(私)なんかイチコロです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ