クリスマス準備と、ものを手放すチャンス。

こんばんは、ヤマネコです。

本日はアドベントということで、いつもよりすこし早起きして以前仕込んだドライフルーツのラム酒漬けを使い、シュトレンを焼きました。

これは以前、ロハコが届いた日に仕込んでいました。シュトレンはドイツのクリスマスパン。保存が利くよう甘い味つけなので、私にとってはケーキ感覚。高カロリーの食べすぎ注意食品です。

ちょっとずつ切ってクリスマスまでにゆっくり食べるものですがわが家ではサクサク消費してしまいそう…というわけで、今年はあと2~3回焼くつもりでいます。ドイツにお嫁に行った友達から(ドイツ人お義母さんの)レシピを分けてもらえそうなので、次回は材料を変えてつくってみたいなと思いながらの第一弾でした。

更にクリスマスツリーを準備。大きなものではないので、箱から出して形を整えるだけ。ここ数年、うちのメインツリーはこちらです。

もともとは「アクセサリー収納用」の雑貨だったもの。

それにいらなくなったブレスレットを分解して飾りつけしました。

クリスマス以外にも使えるものをと選んだのですが、結局この時季だけの活躍に。

当初は木の枝を模した一般的なツリーが欲しかったのですが…やはり猫がむしり取ってしまうためあきらめて、「猫の興味をひかないツリーを」と選びました。使おうと思えばオールシーズン出しておけるし、色んな用途(飾り・収納)で使えるため気に入っています。

 

それからこんな封書が届きました。

差出人は「グッドネーバーズ・ジャパン」。先月クローゼット整理を兼ねて衣類を寄付したのですが、その団体からクリスマス募金のお知らせでした。

私が小金を寄付する先は決まって猫関連ばかりなので、こういう選択肢を検討するのもいいかもしれません。

個人的に今までため込んでいたものを売って得たお金は「なくて当然」の収入なので、こういうところに送るハードルが下がります。「買い取ってもらえた金額」がさほど大きな収入でないのも理由かもしれないのですが。

ただ、ちょっと後悔してしまったのは…

「使用済み切手」も寄付できるとを知らなかったから。子どもの頃に集めた記憶があるし、それが寄付につながることは分かっていたのですが、この団体で募集しているとは気づきませんでした。

シュレッダーを買ったとき、今は寄付先もないしことと、より分けが面倒で古い手紙(切手つき)も大量に処分してしまったのが悔やまれます…。

もう手元に置く必要のない衣類、書籍、書き損じはがきや使用済み切手など、大掃除で発掘されるものがあればこういう手放し方もできる。それを覚えておくことにします。

 

本日の猫。

今日も比較的あったかく…

久々に、このポーズでゴロゴロ転がる猫を見ました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告