そうめんを一度も食べなかった、夏。

こんばんは、ヤマネコです。

8月も終盤だというのに、今年はそうめんを一度も食べていないことに気がつきました。

今夏は一度も「そうめん」や「ひやむぎ」などの乾麺を買っていない。厚かましい話ですが、幸か不幸かお中元でも乾麺はいただかなかったので、結局食べる機会のないまま夏が終わろうとしています。

 

買わなかった理由の一つは、数年前から始めた減グルテン生活。

アレルギーなど差し迫った事情があるわけではないので、ゼロにはしません。手づくりやいただきもののお菓子やパンなどを断つことはなく、それ以外で「減らす」を意識しているだけ。

そんな中で昨夏も小麦麺(そうめん)を減らす試みをしていたのですが、今年はそれを無意識のまま続けていたようです。

 

代わりの食材は、以前に引き続き「はるさめ」や「フォー」

味も食感もそうめんとはまったくの別物ですが、「麺類」を食べる回数は以前から減っていないので、(麺類が大好きなのに)食べたくて我慢ができなくなるような禁断症状は出ませんでした。

 

はるさめなどは、もともと扱いやすさやグルテンフリーなどを理由に選んだ食材だったけれど、今はもう「代用品」という枠を超えて、わが家の「定番品」。

初夏に仕込んだらっきょうや梅とも相性がよく、旬を楽しむシンプル食材としても優秀だなと。

ストック乾麺を変えることなく、通年悩まず楽しめることを実感しました。

 

他の「新しい」健康食材だとレシピも一から確認することになって手間も感じるけれど、グルテンフリー麺に関してはただの「置き換え」。

  • 小麦粉の一部を、米粉や豆粉にする。
  • しょうゆを、小麦不使用品にする。
  • 小麦麺を、豆や米の麺にする。

変更するのがいつものレシピの「材料だけ」なら、取り入れやすいだけではなくて続けやすい(入れ忘れることもない)のだと思いました。

 

私はケーキやパンをつくるのも、食べるのも好きです(よろしければ私のインスタの様子もご覧くださいませ)。ただ食べすぎている(偏っている)心配はあったので、バランスをとるためにも「多すぎるものを減らす」の意識は大切だなと。

今後も続けやすい方法を模索しながら、理想の「習慣」や「定番」を少しずつ増やしていきたいです。

 

本日の猫。

一年前の夏の終わり、彼がわが家にやってきました。

何度も書いてしまうけれど、よくぞここまで育ったなあと。

一番最初(写真の頃よりも前)は抱くのが怖いくらい細かったので、感動もひとしお。

体の成長が落ち着き、顔も凛々しく育ったけれど、心はまだまだ子犬(???)です。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ