ハレタル掲載*多用途な一冊、お懐紙を持つ。

こんばんは、ヤマネコです。

コラムを書かせていただいているハレタルにて、今月も掲載していただきました。テーマは「お懐紙」です。

本来の用途(お茶席での出番)以外にも使い道はあるもので、男性が持たれても素敵。これからの季節はお花見に持っていくのも風流かなとアレコレ考えながら書き上げました。

お読みいただけると嬉しいです。

 

毎年お正月、折り紙でぽち袋をつくるのが恒例でした。でも今年(昨年末)は、ぽち袋も箸袋もお懐紙で用意。

切らずに折るだけ。折り方も簡単で、一分かからず完成します。

このぽち袋は寄稿記事の執筆中に折りなおしたものです。

まだ白懐紙しか持っていなかったときでパッと見は寂しい印象でしたが、触ってみると和紙だとわかり、日本の行事、そしてお祝いごとにいい雰囲気かなと思いながら使いました。

 

今年に入ってからは新しい柄のお懐紙や専用のケースも購入していたのですが、寄稿させていただいた記事でようやくお披露目。





※辻徳の「あしあと」は、以前ほしいと書いていた念願の一品。

持ち歩くのが益々楽しくなっています。

 

そんなお懐紙、少し多めに購入したのは執筆に向けてのこと(記事にあわせて写真を用意したかったため)でもあったのですが、消耗品なので場面にあわせて無理なく使い切れると思います。ただ少しだけ保管期間が長くなると思うので、自宅用にもケースを用意することに。

最初は湿気を防げるジップロックがいいかなと思ったのですが、できれば色柄の少ないシンプルなものがほしくなり、無印良品で買いました。

このシリーズも大きさは複数あるのですが、今回選んだのはB6サイズ(大学ノートの半分ほど)の用紙が入るもの。

EVAケース・ファスナー付 B6

 

これだとお懐紙一冊分には少し大きすぎるのですが…

4~5冊まとめても収まりました。

また「お懐紙入れ」ごと収めるのにも使えるかなと思って選びました。

このまま食器棚の中で保管しておき、普段のおやつや来客時にも活躍させていく予定。

この春も、ほんのり雰囲気を楽しんでいます。

 

本日の猫。

本番入りまーす。

そうですね。うちのキャットフードはチキン系が多いんですけど、ホントは魚系が好きなんですよね。

ん~ツナとか、マグロとか……え?同じ?………。

…今のインタビューはなかったことに…。

本日もおつきあい、ありがとうございました。


お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



Pocket

yamanekotora
子どもの頃に拾った猫を飼い始めたつもりが、いつの間にか猫に仕えるように暮らしています。猫にかしづく、それも幸せ。 ものづくりをライフワークにしています。