花びら餅と、足りない食器の代用品。

花びら餅と、足りない食器の代用品。

こんばんは、ヤマネコです。

昨年に引き続き、今年も花びら餅を手づくりしてみました。

茶道の初釜で使われることの多い、花びら餅。

円形にくりぬいた求肥は、端っこがギザギザ。
中に詰めたあんこはキレイに包めておらず、はみ出し気味。
そのあんこには「白味噌」を使うはずが、私の手前味噌は完全に赤。
内側に包んだピンクの求肥は、今年も厚すぎる表生地のせいで透けて見えず。

あげ始めると反省点が尽きませんが、それでも手づくりする楽しさはプライスレス。そんな気持ちで、今年も自宅初釜気分を味わおうと花びら餅をつくりました。

ちなみに昨年2月に仕込んだはずの白味噌は、すっかり赤くなってしまいまして、裏ごしした白花豆のあんとあわせても…

かなり濃い色で辛めの味噌あんになってしまいました。

それでも、意外とおいしい。

今年も自分に甘い評価で満足しています。

 

そんな花びら餅ですが、写真を撮るときにちょっと困りました。わが家の食器は大半が白いもので、花びら餅のように白っぽいお菓子は背景(皿)と同化してしまうんです。

こんなときは、昨年手放した木製プレートや、濃い色の食器がほしいなと思います。といっても急を要するものではないし、今回の撮影に間に合わせるのも難しい。

色のあるお懐紙を使うことも考えたのですが、代わりにしたのがこちら。

以前、家具の購入を検討していた際にいただいた「板見本」です。

 

食器ではないので衛生面での評価はできませんが、自分用なのであまり気にしなくてもいいかなと。軽く水で洗ってからアルコールを吹きつけて、そこにお菓子をのせました。

せっかくなのでお抹茶も点てて、ひとり茶席を楽しみました。

完成時は不在だった家族の分は、こちらに。

お正月には御節を詰めていた重箱です。三が日で空になり、洗って収納しなおしたのですが、思いのほか早く出番が回ってきました。

漆器や木製の重箱にもあこがれますが、つくり手(私)が修行中である現時点、うちの三段重はプラスチック製。お手入れ簡単で扱いやすい分、こうしてつくったお菓子などの保存にたびたび登場しています。

タッパーなどでもいいのだけれど、わが家では希少な「内側が黒い(濃い色)」というのもこうして役に立つので重宝しています。

 

今年は木製(アカシア)プレートをもう一度手に入れてもいいかなと思うのですが、今のところ「数」の点ではなんとか不足なく暮らせています。あとは贅沢ながら、「色」や「デザイン」の問題。

今はもう少しだけ、足りない中での工夫を楽しんでみようと思っています。

 

「ちょっと足りない」を楽しむテーマ。

 

本日の猫。

こんなものにまったく興味はありません。

でもニオイだけなら、かいでやらんでもない。
(このあと鼻に白い粉がつきます)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、応援ポイントが入ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ