今夏も、ハンモックでおやすみ。

こんばんは、ヤマネコです。

自宅リビングにて自立式ハンモックを使い始め、六年目になりました。

折りたたみ式、しかも3way(ベッド・椅子・ハンガー)なので通年設置しっぱなしではなく、その時々で形を変えたり、必要に応じて撤去(収納)したりと便利に愛用中。

冬の間はハンガー型に設置した上で毛布をかけてテントのように使うなど、アイデア次第で更なる可能性を見出せることも感じました。

春になってから、季節しごとや掃除の関係で一時的にたたんで収納していたものを、再び寝ころべる形状へと組み替えて設置したのが本日のことです。

 

※本日掲載している写真は大半が過去のものです。

 

「ハンモック」と呼べるものは過去にも取り入れたことがありましたが、それらはすべて猫用でした。

数年前に購入したのは、簡単な生地とベルトがセットになったもの

椅子の脚などにベルトを巻きつけるようにして設置します。

このハンモック、わが家では使わない子がいません。でも取り合いになっている様子もなく、都度交替で寝そべっている姿を見るとほほえましい限り。箱や袋などの「狭い場所」を好む猫たちにとって、体にフィットするような感覚で収まっていられるハンモックは理想の寝心地なのかもしれません。

猫用ハンモック(ニャンモック)に関しても、かつてメインで使っていたのは自立式でした。

このまま移動できるし、布の着脱も簡単で洗濯もしやすい。とても便利だったんです。

ただ椅子下に設置できるタイプのほうがシンプル構造でお安いし、床を掃除したいときも重宝しました。

掃除機がけは毎日の家事なので、組み合わせて使える椅子があるなら時短になるのもこちらかなと思っています。

 

最初(およそ十年前)に購入したのは猫用のハンモックだったので、それをのびのびと堪能する猫たちをずっと羨ましく思っていました。ただ人間用は、数十キロの体重を支えるものだから本体(骨組み)はずっしりとしていて床への影響が心配になるし、ベッド型で使う場合はそれなりに広く(細長く)場所をとります。

どう考えても人間用を、自宅、それも屋内で使うことは無理だとあきらめていたのだけれど、試行錯誤の末にわが家でもリビングでの採用が叶いました。

一度体感してしまうと中毒性すら感じるほどのハンモック。今もその心地よさには魅了されたまま、夏の休憩や昼寝に活用していこうと思っています。

 

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き