シャンプー後タオルの、今昔。

シャンプー後タオルの、今昔。

こんばんは、ヤマネコです。

現在ロングヘアの私にとって、ヘアケアグッズ選びは重要なこと。最近、紙を乾かすときのタオルについて見直しました。

ヘアドライ用のタオルには、昨年から無印良品の長タオルを使っていました。

ほしいのはバスタオルよりコンパクトで、フェイスタオルより長めのタオル。

という条件で探していた私にとって、これは本当に求めていたサイズ。ものすごく重宝し、迷わずリピしようと決めていたのですが、それをひとまず見送ろうと思いなおしました。

 

というのも、今年のお正月に交換した「びわこα」というタオルが、ロングヘアをまとめるのにも使えると気づいたから。

びわこαは、びわこふきんの浴用(大きめ)サイズ。

一般的なフェイスタオルと同じくらいの長さで、無印良品の長タオルよりも小さめ。私が求めていたサイズではありませんでした。

当然、自分の長い髪をまとめるのには不向きだと思っていたのですが、先日試しに使ってみたら、思いのほか具合がいいのです。

 

もともととても吸水力の高い、びわこふきんのシリーズ。

且つ、生地はメッシュになっていて通気性もよく、どことなく「包帯」のようなフィット感で、頭部に巻きつけることができました。これはパイル地のフェイスタオルにはなかった感覚です。

それがすごく心地よくて、このまま使い続けることにしました。

 

といっても、お正月に新調したびわこαは肌用として使いたいので、二枚あったほうが実用的。そこで新品の用途は予定どおり肌用に、処分前の旧タオルを髪用にしました。

びわこαを一年程度で交換した理由は以前にも書いたとおり、肌に負担をかけないため。でも使いこんだあとの旧品であっても吸水性のよさは健在だったので、髪に使う分には問題ないかなと。

 

無印良品の長タオルは本当に理想的でしたし、今後も新しく買うなら積極的に選択肢に加えます。でもびわこαは古いものの「用途を変える」形で再利用できるので、地球環境にも(?)私のお財布にもやさしい。

もちろん、新品のびわこαを髪用にするのも最高だと思っていますが、私には少し贅沢なので…

1. 新年に交換した新しいものを、肌用に(一年目)。
2. 肌用から引退させるものを、髪用に(二年目)。

という、常時二枚使用の、ところてん方式で使い続けてみようと思います。
(三年目については様子を見ながら、来年考えます)

 

定期的に(主に白髪について考えるとき…)見直すテーマ。

 

本日の猫。

今日は雨水を迎えたというのに、今週また関東に雪予報が出ているようです。寒い。

でもストーブでぬくぬく中の寝相は、こんなんなっちゃいます。
のびのび~。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ