グリーンカーテンと、罪の記憶。

グリーンカーテンと、罪の記憶。

こんばんは、ヤマネコです。

毎年梅雨の前後から、夏の木陰を提供してくれるグリーンカーテンを育てています。

わが家のネットは少々頼りない印象の細い紐タイプなので、あまり重たい実がつく植物は避けていました。ところが今年は親戚からゴーヤの苗をいただいて、おそるおそる植えつけてもらったのです。

7月半ばには花が咲き、そのあと小さな実がついたころにはワクワクが止まらなくなり、水やりついでに毎日あいさつ。

ただ成長とともに質量を増す実を見ていると、改めてネットの弱々しさが心配になりまして…

少し前に、がまんしきれず収穫してしまいました。

白いほうは親戚宅のグリーンカーテンより届いた、色違いのゴーヤです。

どちらもおいしくいただきました。

 

ゴーヤは予定外の選択肢でしたが、涼しいついでの、おいしい収穫物に不満はありません。

グリーンカーテンに使う植物は基本一年(ワンシーズン)楽しめればよしという感覚で、当初、今年はフウセンカズラを植える予定でした。昔、小学校の敷地内にあったフウセンカズラの種をとるのがすごく楽しくて、あの体験をもう一度してみたいと思ったのです。

 

…などと考えながら今になって気づいたのですが、小学校の敷地をぐるりと囲っていたフェンス、そこに絡んでいたフウセンカズラのつるから、種を勝手にとってよいものだったのか?自信が持てなくなってきました。

先生はご存じだったと思うけれど(見せびらかした?記憶があるので)、先に確認してから収穫に及んだ記憶はなく、無邪気に盗みを働いていたのでは…と思うと、グリーンカーテンから落ちる陰にさえ居たたまれなさを感じます。ごめんなさい…。

こういう罪がまだまだありそう、そう感じてしまうことが恐ろしいです。

 

本日の猫。

お久しぶりです。あんまり登場しないので、忘れられてしまったでしょうか。

大好きなことは、べったべたに甘やかされながら撫でまわされること。

人の手を枕にするのも最高ですね。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ