新たに「減らす」を、試すもの。

こんばんは、ヤマネコです。

数年前から少しずつ始めていたのですが、今年からもう一歩踏みこんで「減らす」を意識するようになったものがありました。

それは、「小麦」です。

 

これまで美容健康によいとされる食品(亜麻仁油、ココナッツオイルなど)を色々試してきましたが、続いているのはごく一部。私にとっては、酒粕がその筆頭です。

結局、続けないことには効果が実感できず、その実感が得られる前に、次なるスーパーフードに思いをはせてしまうのが常でした。

 

もっと、よいものがあるはず。
私の身体を健康に、キレイにしてくれる食材と出会えるはず。

そういう気持ちで、新たな食材を貪欲に求め続ける。

これって、あれもこれもと服を買い足し、クローゼットをパンパンにさせていた頃の感覚と似ているなあと、ずっと感じていました。

 

食品は使い切りさえすればあとに残らないから、つい新しいもの、次のものへとアップデートをくり返してしまうのですが、これがかえって悪循環になっていた気がするのです。

効果を実感するためにはしばらく続ける必要があって、それはきっと年単位の話。何年も続けてみて、ようやく自分の身体の変化がわかるというものかなと。あっちもこっちも「ちょっと試す」では、もったいない。

ただ、根気と時間を費やして続けていくのは、すごく難しいとも思っていました。

 

そこでここ数年は、食に関してもできるだけ「減らす」を意識しています。

といっても、量を減らしたり、新しいものを一切買わないということではありません。

  • 精製された砂糖(とくにサトウキビ原料のもの)
  • カフェイン(コーヒーなど)
  • 無発酵の大豆(豆乳など)

など、食品の中に「含まれる材料」の見直し。
これまでためらいなく口にしてきたものを、減らしてみる試み。

それも完全にゼロにしたわけではなく、少し控える意識を持っただけなので、その後、明らかな変化を感じたわけではありません。でも「歳を重ねても不調があまり現れていない」のが、ある意味で成果といえるのかも。

 

そして最近、新たに「小麦」を減らす意識を持つようになりました。

小麦自体が悪者とは思っていませんが、私はパンや焼き菓子、麺類などの小麦粉製品が大好きで、常々摂り過ぎだと思っていたからです。

三大アレルゲンといわれる「牛乳・卵・小麦」の中では、ダントツ小麦は過剰(?)摂取。

 

代わりに、米粉を使うことが増えました。

おからパウダーなども手に入れやすい代用品。

米粉は数年前から小麦粉と併用してきました。

グルテンを含まない100%米粉のパンをふくらませるのは難しいので、フライパン調理が中心です。

 

私の場合、無意識のままだと小麦製品を口にしない日はめったにありません。

だからこそ「ちょっと減らす」を意識する。

 

これは散々ものを減らしてきた過程とも少し似ていました。

小麦を多少控えたからといって、物理的に見えるものを減らしたあとの清々しさは得られませんが、これからはこういう形で、暮らしを少しシンプルに。

そんな新たな模索にも挑戦していきたいと思っています。

 

小麦を控えようと思った、きっかけのテーマ。

 

本日の猫。

先日の、おまけでもらったネコハウス
ちょっと小さいかなと思ったけれど、すっかりうちの重役室。

ダウン(猫へのおさがり品)をかけたら、出て来なくなりました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告