最近、一番うれしかった贈り物。

最近、一番うれしかった贈り物。

こんばんは、ヤマネコです。

ありがたいことに、わが家ではよく「食品」をいただきます。年末年始はとくにその機会が増えていました。

柚子大根など、身近な方からいただけるものもあれば、お中元やお歳暮が遠方から届くことも。

上のお菓子の写真は、家族がクレジットカードのポイントで交換してくれたミルフィーユ。近々失効予定だったポイントを使い切るために選んだものです。交換対象には色々なインテリア雑貨もあったけれど、今すぐほしいものはないし食べ物にしようか、と家族が選んでくれました。

自分では市販のお菓子を買う機会が減っているものの、こうした形でいただけるのはうれしいし、とても楽しめました。

 

なんだかんだで、「消えもの」がありがたい。

年々そう思う気持ちが強くなっているのですが、最近になってちょっと特殊なものをいただきました。

これはもしかしたら、一生ものになるかもしれません。

 

それがこちら。

つけもの石です。

 

身内から「いらない石があるんだけど」と言われたときは、宝石のこと(親族の遺品など)だと思い、私には不相応だからとすぐ断りました。

つける機会もないし、きっと適切なお手入れもできないし、いただくと手放しにくくなるし。私が持ち腐れにしてしまうより、美しく使える人の手にあるのが一番だと思うのです。

 

ところが「つけもの石(として使っていたもの)」だと聞かされて、気持ちが一転。いっきに興味を持ちました。

このつけもの石、こんなに薄くて小さいのに、およそ1kg。ごらんのとおり手になじみ、実際に重石として使うときにも大変扱いやすかったです。

ツヤも光沢も透明感もないけれど、とても便利に使えるし、世界にたった一つしかない、そんじょそこらの宝石より希少価値の高い(??)石。それが、つけもの石。

もう一つか二つ、ほしい。

 

誰もがもらって喜ぶものではないと思うのですが、季節しごとが楽しくなっている私には最高の贈り物でした。

おすそ分けの大根、再び。これをたくあんにしたら石の出番。

市販品より味のあるこのフォルムには惚れ惚れするほど。これまでつけもの石は持たず(買わず)にきたのだけれど、今日という日のために買わなかったのだ(?)と自己満足に浸ってしまいそう。

簡単に劣化するようなものではないし、末永く大切に使おうと思っています。

 

本当に参考になる贈り物のテーマは、こちら。

 

本日の猫。

うちの猫たちの一部は、呼ぶとしっぽだけで返事をします。
(ちゃんと顔を向けてくれたり、走って来てくれる子もいます)

最近の彼もそう。

反抗期でしょうか…。
(気分によって発症する、甘えん坊は健在なのに…)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ