2024.6.15 現在一部の画像が表示されないトラブルが起きています。様子を見つつ順次対応いたします。

2024年6月の庭、関東は遅い入梅。

こんばんは、ヤマネコです。

今月もまた庭の様子をご報告させてください。

関東はつい先日、例年よりだいぶ遅れて梅雨入りしました。その後もさほど雨が多い印象はなく、うだるような暑さが続いています。

 

入梅前にとあるアジサイのイベントに参加してきたのですが、わが家でも今がちょうど見ごろです。

こちらはガクアジサイ。品種名はクレナイ(紅)というそう。

クレナイを検索すると、まさしく真紅という印象のアジサイがヒットするのですが、わが家の花は土の問題なのかだいぶ青みが強く、それでいて赤みがほんのり。そんな個性もかわいいのですが、来年は土も少し工夫してみようかなと話しています。

そしてアナベル。

わが家では一番多数派なアジサイ。

最初のうちは黄緑色の印象ですが、次々と開いて真っ白に。とても可憐で優雅です。

同じくこちらもアナベルですが、八重なので咲き方が異なっています。

一朶がまん丸にならないのも個性だろうか? というのも家族で不思議に眺めています。

 

アジサイと同様の時季、たくましい印象で咲き始めるのがアガパンサス。

近隣では満開のところもあるようなのですが、わが家では少し遅れ気味?

梅雨入りが遅かったのも影響しているのかなと思いつつ、今の様子を見る限り無事に咲いてくれるのではと期待しています。

 

こちらの花はスイセンノウ。

毎年見て、毎年名前を調べている気がします。そして過去に全然異なる名前でご紹介していたらごめんなさい。

こちらはスイセンノウ(酔仙翁)で間違いないようです。

赤ともピンクともいえるような色ですが、マゼンタが近いのかもしれません

 

それから同じく毎年名前を調べてしまう、ヘメロカリス。

毎年「ユリ 似ている花 初夏」で検索しているのは覚えているのに、肝心の名前が覚えられずに老いを感じます。ひと夏くらいは覚えているのですが……今年は頑張りたい。

名前の由来は「一日の美」。一日でしぼんでしまうけれど、たくさんのつぼみがどんどん咲いてくれる元気いっぱいの花なのでした。

 

こちらはお馴染みのネジバナ。

この花の名前だけは思い出せなくなった記憶がありません。とてもかわいいです。

 

かわいい花といえば、ナンテン。

今年はたくさんの花が咲いてくれたので、今後の結実も相当期待できそうです。

 

そして今年は家族にお願いしてこちらも育て始めたところ。

ピーマンです。

苗で購入した時点で小さな実がついており、それがすくすく成長中。初収穫が楽しみです。

 

他にもいくつかの夏野菜を栽培し始めたのですが、ここ数ヶ月は変わらず大賑わいなのがクリスマスホーリー。

こちらも冬はすごく楽しいことになりそう。今からわくわくしています。

 

遅めの梅雨、猛暑の予感、昨年の時点で枯れた植物。現在進行形で心配事が色々とあるのだけれど、こうしてひと月を振り返ると楽しかったことも楽しみにしていることもたくさんあると気づけます。

まずはこの夏を楽しく乗り切ることを胸に過ごしていきたいと思います。

 

本日の猫。

私はもう暑くて暑くてという気持ちなのですが、なぜか今でも時々マカロンの中に吸いこまれている弟猫。

自発的に入るし、自発的に出てくるので、心地よく過ごしてくれるならそれでよしと思う反面、なかなか冬じまいできずに悩んでいます。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き