2023年11月の庭、夏日に驚く晩秋。

こんばんは、ヤマネコです。

今月もわが家の庭の様子をご報告させてください。

今月、東京都心では100年ぶりに「11月の最高気温」が更新されたそう。私が住む地域でも思いがけず半袖で快適と思えるような日がありました。

夏も本当に暑くてちょっとしたトラブルがあったのですが、ようやく寒くなってきたおかげで少しずつ秋冬の景色に移り変わってきています。

 

現在わが家の庭でもっとも賑やかに咲いてくれているのがツバキ。

わが家の庭で冬に咲く花は本当に数が限られているのだけれど、こちらのツバキは毎年必ずたくさんのつぼみをつけてくれます。

丸い手毬のようなつぼみもかわいらしく、これから次々と開いてくれそうだと期待しています。

 

少し前まで咲いていたのがシュウメイギク。

こちらも毎年花を咲かせてくれるのだけれど、今年は少し数が少なかったような? 暑さの影響かもしれません。

 

今月は花よりも実の存在感が強かったように思います。中でもナンテン。

紅白で絢爛。花期を終えた頃に今年は少ないかも? それどころか実がつくだろうか? と心配していたのだけれど、なんのその。

あとはお正月まで残ってくれているといいなと願っています。

(鳥にお福分けし続けています)

 

こちらはスズランの実。

花を終えた後に実づくことがあり、それが夏と秋をすごしながら赤くなりました。

重さに茎が耐えきれないのか、地面についてしまいます。ただふれるだけでも毒の心配があるため、基本的にはそのまま見守るばかり。

鳥が食べてしまうようなら撤去すべきかなと思ったのですが、うまく避けるのだそうでホッとしました。おかげで実の行く末(腐ってしまうのですが)まで見守ることができています。

 

それからクリスマスホーリー。

まだ真っ赤というには足りないけれど、わくわく感が膨らむのと同時に色づいてきました。

実の数も多くついているので、ひと月後のクリスマス時期を楽しみにしたいと思います。

 

あと数日で師走だと思うとそわそわしてしまいます。そんな逸る気持ちを少しでも落ち着けてすごせる年末年始にしたいです。

 

本日の猫。

こちらは私が持っている猫草をほしい弟猫。

ほしい、のポーズです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き