FORTEC*コンパクト化できる、白いマイボトル。

こんばんは、ヤマネコです。

冬の間に新しいマイボトルを買っていました。

FORTEC(フォルテック/和平フレイズ)のスリムボトルという製品です。

 

もともと愛用しているボトルは250mlサイズ。でも日常的な外出ではそれを飲み切るほどの水分補給をしないため、もう少し小さいものがほしいと思っていました。

十年近く愛用しているサーモスボトルの使い心地がとてもよいため、同じシリーズで小さいものを求めていたのですが、色や形状でピンとくるものに出会えないまま数年経過。

この際、保温性なしで軽いものがいいかもしれない。
でも真冬にはあったかい飲み物があるとうれしい。
いっそのこと、スキットルはどうだろう?

スキットルというのは(完全なる私のイメージでは)ワイルドな男性がウイスキーを携帯するときに使っている、小さくて薄い金属製のボトルのことです。

下戸の私がこれに白湯を入れて持ち歩いていたらおもしろいのでは、とも思ったのですが、せっかく金属製なら(お酒用ではないのだし)保温性があったほうがいいのかなと見送りました。

そんな中で出会ったのが、FORTECの製品。

  • 「ホワイト」の選択肢がある。
  • 容量は200ml(これまでより50ml小さい)。
  • サーモス(第一候補だったもの)よりお手頃価格。

まず惹かれたのはこの三点でした。

 

もともとほしかったのがホワイト系。サーモスから出てほしいと願い続けていたのですが、これまで「小さいサイズのホワイト」には出会えませんでした(大きめのシリーズにはホワイトあり)。お値段はセール価格で二千円前後。

それがフォルテックだと200mlでホワイトが存在し、なんとお値段(セール品)は数百円から。お店によっては、サーモス製品の半額以下。

実をいえば保温性はそこまで重視しておらず、だからこそそれ以外の部分だけで十分に魅力的だったのですが、一番は感激したのはその構造です。

  1. 蓋(スクリュー開閉)
  2. 飲み口
  3. ボトル本体(保温・保冷対応)

主なパーツは三つ。

でも本来は真ん中に使う「飲み口」のパーツを省き、蓋とボトル本体だけをつなぐこともできるんです。

これがすごくいいなと思って。

 

熱々の飲み物を入れたり(樹脂製の飲み口で火傷を防いだり)、中の氷をせき止めたり、単純に金属が口にあたる感覚が苦手な人であったり、飲み口の樹脂製パーツが役立つ場面は色々あると思います。

でも私が白湯を持ち運ぶときは常に必用とは思いません。それなら外しておくことでお手入れする手間も省けるし、何より取り除いたパーツのぶん、軽く、小さくなるメリットもありました。

持ち運ぶ中身や使う状況にあわせてパーツの有無を選択できること。この特徴が一番の決め手になったように思います。

 

保温性に関しては、朝6時に熱々で注いだお湯が、昼前には飲み頃というくらいには冷めている感覚です。容量が小さいこともあって保温性バツグンとは言い難いけれど、そもそもこの容量なので「完全に冷める前に飲み切る」可能性が高いのかなと。

個人的には容量150~180mlのものをさがしていたので、これでもまだ少し大きすぎるかなと思いながら使いはじめましたが、真ん中のパーツが取り外せ、もともと持っていたボトルよりも細身になったぶん携帯性はすごく上がった気がしました。

 

今の暮らしでは丸一日出かける機会は少ないし、長時間の外出の場合は出先で食事をとることがほとんどなので、気軽な外出で「大きな荷物にならないように水分を携帯する」という用途にはちょうどよいサイズだったと思います。

購入直後から少しずつ使い始めてはいたけれど、どんな使い方が便利かなどもようやくわかってきたことで利便性も上がり、最近ますます出番が増えました。

白湯ならお皿持参で猫ともシェアできるので、しばらくは白湯専用ボトルとして使うつもりです。

 

 

本日の猫。

うちのチャイルドで、ワイルド。

お顔はキュートでポップ(??)な感じです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ