人も猫も、食品は真空パック。

こんばんは、ヤマネコです。

食品保存に「真空パック」を取り入れるようになりました。

 

自宅で使える「真空パック器」というものには、何年も前から興味がありました。ただ機材を持っている知人から、とても便利な反面デメリットも多いと聞いていて、購入をためらっていたんです。

  • 専用袋代が高い。
  • 性能や質を求めると、本体がかなり高価。
  • 消耗部品も、素人では交換できない仕様の(本体ごと買い換えが必要になる)機種が多い。

などが気がかりな点。

「食品の劣化を防ぎながら、通常より長く衛生的に保存ができること」は大きな魅力ですが、どの機種を見ても購入の決め手がなく、悩み続けること数年。ようやくコレと思えるものを見つけました。

「ジェネテック」という会社が販売する「フードシールド」という業務用製品。

ごめんなさい。失礼ながら社名もブランド名もまったく知らなかったのですが…

  • 専用袋がいらない(極端な話、レジ袋などでもサイズがあえばパック可能)。
  • 本体代は12000円ほどだけれど、業務用の中ではお手頃価格帯。
  • 各種消耗部品が販売されており、自分で交換することが可能。

私が求めていた真空パック器としては、まさに理想的でした。

 

袋のコストは長く(多く)使うほどにかさんでいくものなので、今回買ったものと「専用袋しか使えない半額(6000円くらい)の製品」を比べると、わが家の用途での計算では長くても一年ほどで楽々元が取れそう。

また、安価な製品だと消耗部品の市販がないものも多く、故障時には本体丸ごと新調する費用も考えなければなりませんが、こちらはその心配も少し軽減できます。

 

というわけでお迎えした製品で、私が毎月数回パックするのが「キャットフード」。

もう、このために買ったといっても過言ではありません。

 

猫数が多いため、本当なら「大袋」で買いたいドライフード。でも品質のことを考えると開封後は早めに食べきってほしいし、常温保存も不安になる。かといって冷蔵庫にたっぷりスペースが余っているわけでもありません。

私がどう悩んでも、さいごに行きつくのはいつも「真空パック」でした。

もう一つ道があるとすれば「猫専用の冷蔵庫を買うこと」だったのですが、それならまずはこちらかなと。

 

実はこの機械、使うのに少しコツが必要だそうで、他社製品から移行された方が悩まれているレビューも拝見しました。でも何もかもが初めての私は先入観なく使えたのか、今のところとくに困ったことはありません。

セミオートで「真空状態を見ながら自分で停止させる」ときの確認にだけはまだ模索しているけれど、そんなに難しくはないのだと思います。

 

袋は本体セットにお試し用が入っていたけれど、販売元から推奨されていたものを追加購入。サイズの選択肢が数十種類あって悩みましたが、ひとまず大きめと小さめを。

袋に特別な専用品はなくても、素材は「ナイロンポリ」であることが必須。また長く状態よく保存するために、相性のよい袋というのもあるようです。猫たちのドライフードは真空パックにすると表面がごつごつし、薄い袋だと破けてしまいそうになるため、やはり不安要素の少ないものを選びました。

シール部分は、およそ5mm。類似品の中では太めだそうで、しっかり圧着してくれます。

 

お手入れもさほど難しいことはなく…

専用の道具もついてきました。この金属矢印棒でノズル(脱気口)の中からゴミをかき出すのだそう。

今のところ、ここから目に見えて汚れが出てきたことはありません。

乾きものばかりで、水っぽいものを扱っていないからでしょうか。

他にもメンテナンスする場所はあるのだけれど、いずれもドライフードだけならひどく汚れることはなさそうだなと安心しながら、その都度チェックしています。

 

真空パックにした状態の袋は、ゴムパッキンがついているボックスにまとめて収めて常温保存。

真空パック器の一年分くらいのランニングコストと比較しても、わが家のドライフードは小袋より大袋を買ったほうが若干お安くなるかなと。長く使うほどお得になるはず。

家庭で一度開封してしまっている以上、衛生面で完ぺきとは言い難いけれど、過去には購入店で小分けリパックをお願いしたこともあった(でもサービスがなくなってしまった)ので、自宅で同じようなことができるのはありがたいです。

 

主に猫のごはんのために買ったものではあるのですが、もともとは人間用の業務用。わが家では兼用することに抵抗がないので、ヒトの食品でも使うことがあります。そういう意味では用途が広くてよかったかなと。

他にも安い製品がたくさんある中で「とりあえず試す」には少し勇気のいるお値段だったけれど、くり返し使う過程ではあっという間に袋コストの恩恵を受けるので、これを選んでよかったです。

何よりフード保存についての不安がだいぶ減ったので、気持ちの上でも大満足できました。

 

※袋は、楽天の3000円以上送料無料になるショップで購入しました。

説明書もすべて一読しましたが、YouTubeで公開されている解説動画がより役に立ちました。購入前の参考にもなったので、検討時には一見の価値ありだと思います。

 

本日の猫。

真空パックを始めてよかったことの一つに、猫たちが「香り」に気づきにくくなった、というのがあります。予防策でボックスにも入れているけれど、以前はこれを開閉するたびにねらわれていたので。

こんなふうに積み重ねたボックスも、今は「ただのキャットタワー(?)」にしか見えないようです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告