ハンドクリームのいらない冬、2年目。

こんばんは、ヤマネコです。

今日はミモザの日。わが家の地域は一日曇り空だったので写真は数日前のものです。

今日を含めてまだ寒い日もあるけれど、関東はあちらこちらで春の兆しを感じ始めました。

 

一番寒い季節は今年も乗り切った、そんな頃合いに考えるのは、今年もハンドクリームが必要なかったな、ということ。

数年前からワセリンなどで、スキンケア用品の代用は始めていました。ハンドクリームの場合はプレゼントなどでいただいたり、趣味の手づくり(美肌水やゆず種化粧水など)で派生したものは使うことがあったけれど、わざわざ市販品を買うことはなくなっていました。そして昨年の冬からは、手に何か塗るということ自体をほとんどしていません。

ふつうの家の家事の範疇で水仕事もしていますが、その際は必ずニトリルゴム手袋を使っています。洗い物だけではなくて、調理中、洗濯物を干す間、拭き掃除をするとき、水分(水道水分)にふれる際には欠かさずに。たぶん、これが後からクリームを塗るより効果的だったのだと思います。

少しささくれができることはあったけれど、指先がガサガサになるほどではなく、数年前と比べたら圧倒的に今のほうが手(の状態)がきれい。それだけで本当にうれしいことでした。

もう一つ、もしかしたら恩恵があったかも、と思うのがビタミン剤。やや菜食気味の食生活を補うためにマルチビタミン(主にビタミンB12目的)を摂り始めたのですが、これも効果の一端を担ってくれたかもしれません。

規定量より少なめ(一日三錠のところ、一日一錠)にしているのですが、計算してみるとそれでも私には十分そう。手軽だし、数値的には偏りのあった栄養を補えているのは確実なので、これからも続けていきたいと思います。

 

ハンドクリームを使わない生活は、手間も所持品もコストも減らせるし、書類を扱う仕事の中で手がベタベタするストレスもなくなって、とても快適。ただそれ以上に「猫たちの口に入る心配がない」というのが一番のメリット。今冬もその恩恵を存分に受けられました。

それでも環境や年齢の変化とともに必要だと感じる日が訪れたら、そのときはワセリンなどを使うつもりでいます。でもできるだけ未然のハンドケアを続けていきます。

 

本日の猫。

まずは猫が大好きなおもちゃを用意します。

でも、あげません。

指まで持って行かれそうになっても、あげません!!!

こういうこともあるのでハンドクリームは使いたくないのです。そして興奮状態のときでも「甘噛み」をしてくれていることに気づき、彼も成長したものだなあと感慨深くなるのでした(以前なら流血さわぎでした……)。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き