100円ショップで買った、猫のおもちゃ。

こんばんは、ヤマネコです。

年始に解禁した猫たちの新しいおもちゃ、すぐに飽きてしまうかと思いきやまだまだ大人気です。

猫じゃらし(左)のほうは早々に壊れて処分となったのですが、せっかく買ったのに見向きもされないおもちゃよりずっといいかなと。三色団子のほうは何度かもみ洗いしては軒先につるし、乾けばまだ戦場(猫たちのところ)に戻しています。

 

猫用のおもちゃにも色々ありますが、最近100円ショップでこちらを買いました。

最初に見たとき、リアルファーかと思って敬遠してしまった(動物性素材の購入を控えているため)のですが、ひっくり返っていたタグを見たら化繊素材とのこと。

ポリエステル・ポリウレタン・ポリスチレン・亜鉛合金

その日の予定にはない買い物だったのですが、猫のおもちゃにどうかなと、おみやげ気分で買って帰ることに。

結果、他のおもちゃと比べると最初の反応は薄かったものの、あっちこっちに持ち運ばれては遊んでくれている様子。よかったと思います。

 

このポンポンの用途はもともとバッグチャームでした。

この組合せはイマイチかもしれませんが、こんな具合で使うもの。

合皮のベルトはポンポン本体から外せない仕様だけれど、金具は簡単に抜くことができました。

これを猫のおもちゃにどうかな、と思ったのは、

  • 猫たちが興味を持ちそうな形状・デザイン。
  • ぎりぎりくわえることができ、一方で飲みこめない(誤食防止になる)大きさ。
  • 水洗いできそうな素材。
  • 外出時にも持ち出しやすい仕様(バッグチャーム)。

などが気になったからでした。

 

うちの猫たちは昔からこういうポンポンが大好きなのですが、とくに人気があるのは「くわえられる小さいサイズ」のものだったんです。

みんなで奪い合ったり、自分の陣地(?)に持ち帰ったり、そうしやすいサイズのほうが圧倒的に支持者多数。時には満場一致で「好き!」とアピールされるし、それだけ気に入ってもらえるなら遊ばせてあげたい親心。でも毎回必ず回収しないと誤食の心配がつきまといます。少しでも安心できればと大きめのおもちゃを選ぶようになりました。

 

ポンポンサイズが大きくなったからといって心配が消えるわけではないけれど(毛をむしって食べる可能性もあるので)、このサイズであれば「うっかり丸呑み」してしまう事故は起こりにくいかなと。

ただ、大きいだけの(くわえられない)おもちゃは全然興味を持ってもらえないパターンも多々経験しているので、今回のものは遊んでくれてホッとしました。それでも日に何度かは現在位置を確認したり、回収したり、安全確認は続けています。

 

ちなみに強度確認と衛生面のことを考えて、購入後に一度丸洗いもすませました。

洗面器の中に水をため、ほんの少し石けんを溶かし、その中でもみ洗い。何度か水を換えてすすいだ後は、シャンプーされたケモノのような状態に。

次いでタオルドライで脱水したら、比較的ふわふわ感が戻ってきました。

あとは丸一日干して、無事に猫用おもちゃの仲間入り。この間、色落ちしたり毛が抜けたりという気になるほどの問題もなかったので、私なりの品質チェックもすませてから猫たちに献上できたかなと思います。

 

そしてもともとがバッグチャームなので、収納時は私のバッグにつけておくことも。

あえて「君たちのおもちゃじゃないよ」という扱いのほうが興味を持ってくれる。それが、いたずらっ子の習性というもの。

しぶしぶ(という姿勢で)渡すと大興奮で遊び始める、私のバッグチャームと猫用おもちゃ、兼用アイテムとなりました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ