Echo Flex*防犯と、猫の脱走防止。

こんばんは、ヤマネコです。

先月から「Echo Flex」を使い始めました。

Amazonの製品で、電源コンセントに直挿しするタイプのスマートスピーカー。

本体といっしょに写っているのは、別売りのモーションセンサーです。

 

これまでにも同じシリーズのスピーカーをいくつか買っているのですが、今回のエコーフレックスも同じ用途で使えるデザイン違いの製品という印象です。

「アレクサ、今日の天気は?」
「アレクサ、*時に起こして」
「アレクサ、**を買い物リストに追加して」

など、声で出した指示に応えてくれるアイテム。

私がこのシリーズの一台目(エコードット)を買ったのは、闘病中の知人が横になったままでも音楽を聴いたり照明を操作したりできるようにと思ってのことだったのですが、今はわが家でも大変重宝しています。

 

そんなわけで、その後も同シリーズのスマートスピーカーをいくつか買い足し、今では家じゅうで使うようになったのですが、今回のエコーフレックスは玄関に設置しました。

これで玄関でも天気を確認したりアラームをセットしたりできるようになりました。

が、正直この場所でそれらの機能はほとんど必要ありません。今回期待したのは別売りのアクセサリで利用できるようになる「モーションセンサー」の機能です。

 

簡単にいえば、このエコーフレックスの前を誰かが通ることで、センサーが機能して色々な操作ができるようになるというもの。

  • (毎日の帰宅時間を指定して)照明をつける。
  • (毎日の出勤時間を指定して)こたつを消す。
  • (子どもの帰宅時間を指定して)「おかえりなさい」とアナウンスする。

などなど。使い方次第で「玄関にあること」を活かせます。

中でも私が一番求めていたのは、モーションセンサーの前を誰かが通過したとき「スマホに通知を入れる」こと。別室のスマートスピーカーで「人が通過しました」とアナウンスさせることも可能でした。

 

カメラがついていないので「誰が通ったか」まではわからないけれど、「誰かが通ったこと」がわかるだけでも助かります。というのも私の仕事部屋が玄関から少し離れていて、仮に侵入者がいたとしても気づける可能性が低いため。昼間は独りで仕事部屋にこもっている時間も長く、何も気づかないまま別室に移動して侵入者とばったり、なんて想像するだけで恐ろしい話。

また体調を崩して予定外の時間に帰ってきた家族の存在に何時間も気づけなかったことがあります。声をかけてくれないから、とも思ったけれど、間取りや私の配慮が違えばもっと私からのケアができたはず。だからこそ「気づき」のためのモーションセンサーは便利だと思いました。

 

もう一つ、「侵入者」ではなく、「脱走者」の確認にも期待しています。猫のことです。

玄関からの侵入者(物音や気配)に気づけない可能性があるということは、玄関への脱走者に気づけない可能性もあるということ。

基本的に扉や鍵がしまっていればリビングですごす猫たちが自力で玄関までたどり着けることはないように工夫しているのですが、その扉の開閉時にするりと足元を抜けた猫に気づかず、うっかり締め出してしまうということが時々起こります。それでも玄関ではなく、キッチン(DK)でうろうろしているところを捕獲できることがほとんどだったのですが、最後の砦の玄関にモーションセンサーを取りつけることで、猫の脱走防止にも一役買ってもらうことになりました。

設置場所やコンセントの高さにもよると思うのですが、足元にあるセンサーであれば猫の存在もきちんと認識してくれました。

 

通知先に指定できるのはスマホだけではなく、他のスマートスピーカーへも可能です。センサーの前を誰かが通ったら、玄関のスピーカーでのアナウンス(「おかえりなさい」や「いらっしゃい」など)はもちろん、離れた場所の指定したスピーカーでのみ「人が通りました」と知らせるよう設定もできるということ。

ただ猫も人もそうですが、センサーの前を行ったり来たりする(出がけの忘れ物で何度も出入りする)とその都度、くり返し同じ通知が入るのは厄介かなと。スマホへの通知の場合はこまめにチェックしたり、通知をもらう時間を指定したり、快適に使うためには新たな工夫も必要でした(すべてアプリから操作できます)。

 

使用を始めてまだ一ヶ月弱(先月のサイバーマンデーセールで購入)ですが、ほぼ私の期待どおりに活躍中。とくに年末年始、人の出入りが多かったため玄関の鍵をほんの少し解錠したままの状態にすることもあり、そういうときの安心感も大きいように感じました。

幸い、今のところ侵入者にも脱走者にも出くわしていませんが、家族の帰宅には気づけるようになり、早めの「おかえり」が言えるようになったのはよかったかなと思います。

 

最低限必要な機器は三つ。

  1. Echo Flex(本体)
  2. Echo Flex用のモーションセンサー(別売りアクセサリ)
  3. AmazonのAlexaアプリをダウンロード・操作できる端末(私はスマホ/Android)

別室に同シリーズのスピーカー(Echo dotなど)があると、前述どおり用途が広がります。

 

余談ですが。

「人が通りました」というアナウンスはなんだか物騒にも思えたので、私の仕事部屋のスピーカーでは、玄関を通過する誰かがいた場合「にゃんにゃん」と言ってもらえるよう設定しました。

文章は自由自在ですが、大変棒読みの「にゃんにゃん」です。

 

 

本日の猫。

お風呂ショットは新年初。とはいえ毎晩いっしょの入浴は続いています。

年始は私の外出頻度が高かったので、この時間は本当に日々の癒しになっています。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き