季節に合わせて、腕時計の変化を楽しむ。

こんばんは、ヤマネコです。

昨日のブログで写真に写っていましたが、腕時計を少し変えました。

この腕時計(ダニエル・ウェリントン)を身につけ始めて半年ほど経ちました。最初はモニターとして声をかけていただいたのですが、今でも毎日愛用しています。

いきなり余談ですが、この腕時計に関しての記事は前回まで「ご依頼を受けて」書いていました。今後は「自分の愛用品」として取り上げていくつもりですので、申し訳ないのですが当ブログ内では新たなクーポンコードなどの発行はありません。

 

腕時計自体はとても気に入っているのですが、NATO素材の「ホワイト」を含むベルトを選んだため汚れが目立ちやすいのが玉に瑕。たびたび洗いながらも悩ましいなと思っていた時、非公式の替えベルトを見つけました。

一本数百円。どうしても試してみたくて二種類購入し、付け替えてみました。

道具がいらない形状なので、10秒もあれば交換完了。

こちらは同じNATO素材の単色ブラックベルト。これからの季節、このほうが私の手持ちの服には合わせやすいかなと。また汚れも気にならないので、定期的に洗うくらいでよさそうです。


※文字盤36mmの時計に合わせて、18mm幅のベルトを選びました。

 

ただこのベルト、すごく長かった…。

ネットでサイズ確認の上買ったので覚悟はしていましたが、それでも驚いてしまう長さ。

本体の位置をずらせば少しマシになりますが、男女兼用のフリーサイズなので多少は仕方がないかなと思います。レビューでは折り込んで使っているという方もお見掛けしましたが、私は毎日折るのが面倒になってしまい、切ることにしました。

公式ベルトの長さに近くなるように。
でもちょっとほつれることも考えて、若干長めに。

ベルトの留め穴が先端に寄ってしまうけれど気にしません。

お試しで二本買ったのは、こういう実験もしたかったからです。

 

しばらく使っていたら、やはりほつれてきまして…

その都度、糸をカット。でも数日で落ち着きました。

実はこのベルトを購入し、切って使い始めたのは夏真っ盛りの8月半ばのこと。季節は変わり二ヶ月経った今も、ほつれはほとんど進行せずにそのまま愛用できています。

それが昨日の写真にも、そっと登場していました。

 

そして秋冬は、衣替え感覚でこちらのデザインを使おうかなと。

公式ショップには雰囲気の似た上等な本革ベルトがあるのですが、個人的に動物製品を避けているので、他店で合皮ベルトを探しました。

品質的には薄くて華奢だなと感じつつも、雰囲気は好き。

専用のベルトはデザインから爽やかな印象を受けるので、また夏がくるまで保管しておく予定。

普段づかいには、黒のNATOベルト。
春夏のお出かけには、紺白のNATOベルト。
秋冬のお出かけには、茶の合皮ベルト。

これらのベルトはそれぞれ印象がまったく異なるので、コーデって難しい…と尻込みしている私にも使い分けはできそう。フォーマルコーデの時には合皮ベルト、カジュアルな時は紺白に、といったTPOに合わせた選び方も考えています。

 

ベルト自体はプチプラで、交換もあっという間。

「幅」は数種類あるので、手持ちの腕時計に合わせて選ぶ必要があります。選択肢が少なく困ったのが「長さ」だったのですが、私は普段用ならカットして十分使えると思いました。

ほつれが気になる場合はマニキュアのトップコートや、ほつれ止めのボンドなどを使えば更に安心できそうです。

 

色柄をたくさん組み込むコーデは難しいけれど、だからこそ変化を小さく取り入れてみる。

その一つが腕時計、私の小さな楽しみです。

 

本日の猫。

足をさわられている…

足をさわられている…

肉球を押されているっ…!

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ