家カフェ1分レシピ、ドロリッチ風ドリンク。

こんばんは、ヤマネコです。

その昔、グリコのドロリッチにどっぷりはまりました。

私が好きだったのはコーヒーゼリーとクリームのフレーバーで、最近になって「今でも売っているんだ!」ということにネット広告で気がつきました。

 

近ごろはこういう既製デザートを買う機会がめっきり減ってしまい、昔は吸い込まれるように向かっていたスーパーの冷菓売り場も、今はほとんど素通りしています。

おいしいものを前にして「身体に悪いから」なんて野暮なことは言いません(むやみに買わない理由にはするけれど)。昔ほどの渇求はなくても、見ればあれもこれもとほしくなって散財してしまうという、お財布事情からです。

 

でもくり返し目に入るネット広告で、久しぶりに食べ(飲み?)たくなりました。あれからだいぶ年を重ねたのに、惹かれるものは昔と変わっていないのかもしれません。

ただ数年前までの私と違うのは、「つくれるかな?」というチャレンジ精神がうずくようになったこと。

 

というわけで、それっぽいものをつくってみました。

  1. コーヒーゼリー
  2. 牛乳
  3. 生クリーム(あれば)

用意したのはこれだけです。
量も適当で、グラスに入るだけ。
甘めにしたい場合は砂糖(蜂蜜など)を追加。

コーヒーゼリーはいつものデカフェとゼラチン(砂糖控えめ)で前日につくっておきました。記事のタイトルに「1分レシピ」と入れていますが、時短を追求する場合は市販ゼリーを使います。

 

まずはコーヒーゼリーを刻みます。

最初はスプーンで始めましたが、途中からフォークを使うと早いことに気がつきました。

フォークでゼリーを薄くすくえば自然とボロボロになるので、それを少しずつグラスに移していきます。

ある程度クラッシュゼリーが溜まったら、あとは好みで牛乳と生クリームを注いで、混ぜて、一分足らず。

いざ、いただきます。

…あくまで「ドロリッチ風」ではありますが、私の渇望はあっさり充足されました。

 

ドロリッチ(風)ドリンクのよいところは、喉も潤うし、簡単な冷菓として空腹も満たせるところ。私は氷を入れていないのでキーンとすることもありません。

更に今回はゼリーのベースにデカフェを使い、カフェインも控えめ。ゼラチンを使っているので、気持ちお肌にもいいかなと…。

 

材料さえあれば、つくるのもあっという間。生クリームを使わず、牛乳とコーヒーゼリーだけでも私はおいしいと思いました。

もしかするとクリームが載っているような市販のコーヒーゼリー(他のフルーツゼリーでも)を砕いて、牛乳を注ぐだけでもつくれそう?そのほうがもっと手軽かもしれません。

 

身体を冷やしすぎるのもよくないとは思いますが、我慢しすぎるのもどうかなと。

シンプルなフルーツも堪能しつつ、今夏はもう少し「つくれる冷菓」を増やしたいと思っています。

 

本日の猫。

先月から「ビニールシートの下にポンポンを入れておく」というトラップ型(?)の遊びが流行中。

でも今日はあっという間に出してしまいました。
すっかり慣れてきて、もう潮時でしょうか…。

おや…??

私には見えない「何か」が見え始めたようです。夏ですね。

本日もおつきあい、ありがとうございました。


お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



Pocket

yamanekotora
子どもの頃に拾った猫を飼い始めたつもりが、いつの間にか猫に仕えるように暮らしています。猫にかしづく、それも幸せ。 ものづくりをライフワークにしています。