もしものときの、使い捨て布ナプ。

こんばんは、ヤマネコです。

備蓄品を見直す合間に、ひっそりと使い捨ての布ナプも試していました。

※以下、女性用品に関する直接的な説明、表現などが入ります。

 

十年以上前から、使い捨てのケミカルナプキンの代わりに、洗ってくり返し使える布ナプキン(以下、布ナプ)を愛用しています。月経カップと併用したり、ライナー代わりに使ったり、使い捨てのようにストックを切らす心配もなくすごく便利。

そんな布ナプ自体は近くの薬局でも並ぶようになったけれど、まだまだ使い捨てナプキンユーザーのほうが多い印象を持っています。やはりネックなのは、洗濯の手間かなと。経血をきれいに落とす工夫が必要だし、同居家族がいる場合はあまり視界に入れたくない、と考えることもあるだろうなと。いずれは元がとれるとしても、一枚の価格が高めなのもハードルになっていそう。

ただ、布ナプってもっと気軽に考えてもいいんじゃないかなとも思っていました。

  • ナプキンサイズに切った古着や古タオルを使う。
  • 古生地を使う場合は、使い捨てにしてもいい。

とくに最初のお試しなら、高価な布ナプを買わなくても代用品は身近にあるもので十分だし、いっそ洗わなくても大丈夫。

 

というようなことをずっと考えていたのですが、それなら災害時にも活躍するのでは、と思い立ち、昨年からちょこちょこと試していました。

被災中の暮らしとして、

  • 設備の故障や断水などで、こまめな洗濯ができない。
  • 定期的なごみ収集がされず、手元にたまり続ける。
  • 入浴も難しく、ふだん以上に衛生面に気を使う。

災害の規模や状況によっても大きく異なると思いますが、色々な可能性を想像しています。

月経カップはごみを減らせて便利だけれど、洗えないと不衛生。ためた経血の処理にも悩みます。布ナプもつけ置きからの洗濯が難しくなる。となると使い捨てが一番便利ですが、ごみは増えるし、経年劣化するものなので日常的に使っている人でないと管理の手間がかかるかなと。

そこでもう一つ、使い捨ての布ナプを用意しておくことにしました。

 

材料は古着など。できるだけ綿や麻など吸水性のよい素材で、靴下や肌着は使いやすいかもしれません。タオルハンカチなどはサイズも素材も理想的で、そのまま使えます。

写真ではこのときの袖の一部を使って、

簡単にたたみ、これで完成。使い捨てることが前提なので縫いませんが、心配な場合は内側(肌にあたらない部分)をガムテープなどで留めて開かないようにすれば良いと思います。

ただ、経血量によっては厚みが心配。

そこで使うことにしたのが、ワンコ用のトイレシート(わが家でも常備品)でした。

これを切ります。

はさんで、完成です。

 

このシートにも吸水ポリマーが入っています。当然ながら経血用ではないけれど、間に合わせの使い捨てナプキンには使えるかなと。ただこれを直接肌にあてておくのは抵抗があるし、心もとないし、そもそもサイズがあいません。そこで別途用意した布の間にはさんで、布ナプの一層(最下層)として活用しました。

使う目的はシートに吸水して(経血を吸って)もらうというより、布に染みこんだ経血を下着にまで届かせない防水壁の感覚です。布に十分な厚み(吸水力)がある場合や、短時間で交換することが可能であればこのシートは必要ないかもしれません。目的(防水用途)を考えればポリ袋などでも代用できそうだと思いました。

また私が試した限りでは、下着とナプキンを固定しておかなくてもズレやモレはなかったのですが、心配な場合は両面テープ(強力すぎないもの・布製品に対応しているものなど)を使ってもよさそうです。

(市販品の布ナプにも留め具のないタイプがあって、一時期愛用していました)

 

ただ今回の方法で私が試したのは、実際の災害発生時ではなく、日常の中でだけ。個人的にふだんの月経中は(も)活発に動かない上、トイレにも行きたいときに行けるので、想像のつかないような問題が隠れているかもしれません。

それでもいざというときに「選択肢を増やしておくこと」が必要だとも思うので、こういうことに関する模索も続けています。

 

余談ですが、タイツの脚部分(古着なのでぼかしました)だけを切ったり、

靴下(新品時の写真です)を折ったりしただけのものでも、使用可能。

掃除用にするウエスと違い、あまり小さく切らずに「折って厚みを出す」という方法で安心感も増すと思うので、

  • 細々としたウエスづくりが面倒なとき
  • ちょっとでも節約したいとき
  • 使い捨てない生理用品を洗いたくないとき
  • 肌荒れしない生地の服(とくにインナーなど)を処分するとき

といったタイミングでは、日常的に重宝しています。

 

本日の猫。

先日から絶賛甘えん坊期の兄猫。

今日も私のほうへと、ごろんごろん転がって来てくれる……

と、思ったでしょう? といった反応でした。もてあそばれている気がします。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き
シンプル・ミニマルライフの美容と健康