デンタルフロスは、無印良品から歯科専用品へ。

こんばんは、ヤマネコです。

毎年6月は虫歯予防月間。今年はそれを機にいくつかのケア用品を見直していました。

そんな中で二ヶ月ほど試し、新しいものへと本格的な移行を決めたのが「デンタルフロス」です。

 

デンタルフロスは、歯間ケア用の糸のこと。数年前の歯科検診ですすめられたのを機に取り入れて、2017年の秋からは無印良品の新商品を愛用していました。

無印良品のデンタルフロスのよいところは、見た目のシンプルさと、持ち歩きやすいサイズ感。私が最高だと思ったのは中身を交換できる(使い切ったあとのケースを捨てなくてもよい)点で、一年半の間に五回ほどスペアを買い直したと思います。

ただ、少し悩ましいところが。

当初は好調に使っていたのですが、ロットや個体差の問題なのか、フロスのほつれやすさを感じるようになりました。歯間に入れた糸が歯に引っかかり、千切れて詰まってしまうんです。

 

歯間のごみをかき出す道具のはずが、フロス自体が糸くずとなって残ってしまうことがある。

それを取り除くために、新たなフロスと手間が必要になるのが厄介だなと。

 

最初は使い方の問題もあるかなと試行錯誤したり、個体差かもしれないとスペアを新しいものに交換したりと色々試してみたけれど、結局解決しませんでした。

最終的には「そういうもの」だと割り切り、気をつけながら使っていたのですが、それを歯科衛生士さんに話したところ、「フロスとの相性がよくないのかもしれない」と。以前使っていたフロスが問題なかったのであれば、そちらに戻すことをすすめられました。

そしてもう一つ提案してもらったのが、「歯科専用品」を使うこと。歯医者さんだけ(あとは通販)で売っているものです。

 

それは以前から最適な選択だと思いつつ、なんとなくお値段がはりそうで抵抗があったのです。でもネットで安く売っているとのことで、プロ一押しのメーカー品を試してみることにしました。

それが「ルシェロ」のフロス(ミントワックスつき)です。

 

無印良品のフロスと比較し、感じた違いは……

  • 同じ30mタイプで比べても、ケースの形状がだいぶ違う(無印良品:筒形、ルシェロ:丸形)。
  • ルシェロのほうが糸の質感自体がやわらかく、ワックスのべたつきが少ない。
  • ミントフレーバーが別物。
  • ルシェロには大容量タイプ(200m)が用意されている。
  • ルシェロはスペアのみの購入ができない。
  • 無印良品のフロスはイタリア製、ルシェロの製造は中国。

など。

糸の感触は、無印のほうがしなりが強かったのに対し、ルシェロのほうは縫い糸のようなやわらかさ。どちらもワックスつきのはずなのに、ルシェロのほうにはあまりべたべたした感じがありませんでした。

フレーバーに関しては、同じ「ミント」でも全然違うものだなと感じただけで、どちらがいいかは好みの問題だと思います。私は無印良品に慣れていたのでルシェロのほうへ違和感を覚えましたが、二ヶ月の間にすっかり慣れました(どちらでも問題なし)。

そしてお値段。

  • 無印良品:30mで550円(スペアは30mで350円)
  • ルシェロ:30mで400円前後(大容量200mで1600円前後)

ルシェロの大容量タイプの価格で30m分をと考えると、240円前後。これらはあくまで通販などを利用したときの価格(割引あり)ですが、仮に「無印良品週間(一割引き)」を利用したとしても、ルシェロはお安いです。

歯間専売品は高いと思いこんでいた私にとっては驚きでした。

同価格帯で「ワックスなし(白いケース)」のタイプもあるので、好みで選ぶことも可能です。ワックスなしだと歯間のごみをキャッチしやすくなり、ワックスありだと狭い歯間にも入りやすくなるのだそう。私は今のところ歯科ですすめられた「ワックスあり」を選ぶようにしています。

 

そして一番の違いは、明らかにほつれにくくなったこと。

これまで気を抜くと毎日のように引っかかっていたのは何だったのだと思うくらい、まったくといっていいくらい引っかかりがない。でも(恥ずかしながら)歯みがきのあとに使っても、多少はごみがとれてしまう。

こうなると本当に快適で、これまで億劫さから数日おきになってしまうこともあったフロス使用が、毎日続けられるようになりました。

 

持ち歩きやすさとプラスチックごみを減らせることで無印良品のデンタルフロスを推していました(今もその点は最高だと思う)が、相性的な理由でルシェロに切り替えることに。

もとより信頼していたプロの助言もあって最初から200mタイプを買ってしまったけれど、問題なく愛用品として納まっています。

 

 

本日の猫。

撮影におつきあいいただいた兄猫。
おそらく「中身はおやつ」と勘違いしている(かわいい)。

全然寄ってこない兄猫。
おそらく「中身は関係ないもの」と知っている(かわいい)。

どちらもかわいい(間違いない)。

 

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ