後悔と満足の、ごろ寝クッション。

NO IMAGE

こんばんは、ヤマネコです。

先月の楽天セール終了間際、タイムセールでクッションを買いました。

クッションというより長座布団?
いずれにしても、届いてすぐにこの状態に。

「ワンシーズン限り」の可能性を考えつつ、猫たちに使ってもらうために買ったものなので大満足の結果だったのですが、実は一度、注文したことを後悔していました。

 

というのもこのクッション、届くまでに三週間もかかり、その間にニトリで似たようなものを見つけてしまったから。デザイン的にはこちらのほうがかわいいかなと思ったけれど、更に待つようならキャンセルできないものかと迷っているうちに、やっと到着。

散々悩んだのでため息まじりに開梱したものの、あっという間に猫たちが受け入れてくれたのを見て、それまでのモヤモヤが吹き飛びました。

こういうファブリック類の場合、倉庫?配送中?のニオイがするらしく大抵はしばらく様子を見ている子が多いのですが、今回はあっという間の満員御礼。

猫たちの様子を見る限りは、待った甲斐があったなと救われた気持ちになりました。

正直に言えば、中綿は「パンパン」とは言えずやや少なめ。人間がごろ寝に使うとへたるのは早そうな気がします。ただ猫たちが使い始めて二週間ほど経った今、まだふかふかのまま。わが家では長期間使う想定はしていないし、セール価格を考えると十分満足の品でした。

(現在売り切れ&非セール中なのですが、こちらで買いました)

 

実のところ、このクッションは例のテントの中に敷こうと思っていたもの。

テントの躯体の一部、椅子の上に敷いている寄せ集めの布類だけでは寝心地が悪そうだったので、長座布団がいいかなと。

でもご覧のとおりの状態になり、ひとまずラグの上で使っています。

どうせ隠れてしまうからと柄選びもちょっと冒険した星柄。うちのリビングで見ると若干違和感を覚えるのですが(でも星柄は好きです)…どことなく猫たちの雰囲気までコミカルに。

 

日中、日向ぼっこタイムは、長座布団の上でくっついて。

ストーブを入れたとき、暑くなってきた子(猫もそれぞれ適温が違う様子)は単独ベッドへ。仲良し兄弟でも独りになりたいときはあるようでして。

そんな使い分けを、彼らがすすんでしてくれています。

 

願わくば…

ラグの上で使うなら私も一緒に座らせてほしいのですが、どうやらちょっと無理そうです。

 

季節の暮らしづくりに関するテーマはこちら。

 

本日のクッションと猫。

毛づくろいは、してもらう派。

本当は自分でやってほしいんですけど、と思う彼。

そんな空気を察した子は…

カメラを構えていた私の元へ来てしまいました。

なでてほしい。

抱っこしてほしい。

うちの猫たちは、そろいもそろって小憎たらしいほどの甘え上手です。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ