コストコで買える、シングルトイレットペーパー。

こんばんは、ヤマネコです。

今年の2月に、コストコでトイレットペーパーを買いました。

よく見かけていたコストコ独自ブランド(カークランド)のダブル巻きではなく、日本製のシングル巻きのほうです。

カークランドのものはふかふかで使用感もよさそうだったのですが、うちはもともとシングル派。家族の希望も聞いた上で、厚みよりもコスパのよさから「再生紙で200m前後」のものを選ぶことが多いです。今回もそのつもりで迷わずシングルタイプを購入しました。

 

もともとトイレットペーパーも「備蓄」としてローリングストックしているので、買ったものをすぐに使い始めたわけではありませんでした。猫まわりでも使うし、人間でも体調の変化で使用量が変わるだろうしで、日常的に2~3ヶ月分はストックするようにしているんです。

そんなわけで2月に購入したものは、5月の半ばから使用をスタートさせました。

それ以前は300m巻きなどを使っていたこともあるので、それと比べると巻きは細め。とはいえ、一般的なトイレットペーパーのサイズ感です。300mが太(重・大き)すぎたのだろうなと。

(個人的に不服はないので、機会があれば300mに戻すことも考えるつもりです)

写真は170mを新品状態で装着したところです。200mを超えるとロール(新品時)を押さえるカバー部分が盛り上がってしまうのですが、170mだとその盛り上がりもほとんど気にならない程度でした。装着直後の見た目も美しく、と考えるならこのホルダーには170m巻きくらいが良いのかもしれません。

消費ペースに関しては使用者や家族構成などによると思うのでご報告は控えますが、170m巻きなので交換頻度はある程度抑えられていると思います。

 

使用感自体は少し硬め。ただ再生紙なので当然といえば当然で、これまでわが家で選んできたトイレットペーパーと大きな差があるとは感じませんでした。今後リピート購入する条件としては文句なし。

私としてはほとんど想定内だったのですが、使い終わりに少しだけ驚いたことがありました。

(この状態の写真をのせてごめんなさい)

いつもならもう少し紙が残った状態で交換してしまう(小巻になったものを持ち歩いて掃除用にする)のですが、初回は最後までこのまま引っぱってみようかなと思い試したところ、

なんと、きれいに紙の状態のまま引き出すことができたんです。

ふだんから「芯なし」のトイレットペーパーを使っているのですが、芯がないものは最後の最後(おそらく1~2m)を引き出すときに破けてしまうものが多かったんです。芯ありのタイプより圧縮されているからだと推測しています。

(上の一枚は、以前使っていた別のトイレットペーパーの写真です)

それがわかっているから大抵「一枚の状態」に戻すのは早々にあきらめて、掃除などで使い切っていました。ところが今回のものはどれもきれいに引き出せて、最後の最後まで本来の用途で使うことも問題なくできそうだなと。ちょっとしたこと、しかもこんなこと。でもこれまでの経験から、すごい技術なのでは? と思ってしまいました。

 

これは日本メーカー品だしコストコ専売品でもないようなので、ネット通販など他店で買うこともできそうです。

コストコの場合は送料がかからないし、年会費をお支払いしているぶん割引率が高い(安く買える)という感覚ですが、次からも見かけたら購入する「定番品リスト」に加えました。

まだ個人的には遠出を控えている状況なので、ここ数ヶ月コストコへは行くことができていないのですが、様子を見ながら再開できたらと思っています。

 

本日の猫。
(以下の写真に、抜けた猫の毛束がどっさり写っています)

「何するんじゃー!」と脱兎のごとく逃げだした、生まれて初めてのブラッシングタイムから一年強。

気持ちよさを理解してしまった最近では「好きにするがよい」と目の前で寝転がることも増えました。

ブラッシングって猫がかわいくなるし(?)、ふれあいの時間として楽しいし、健康チェックもできるし、床掃除も楽になるし、抱っこもしやすくなる。人間にとってもたくさんの幸せにつながるお手入れだと思っています。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き