クーラーボックス、秋冬の中身。

クーラーボックス、秋冬の中身。

こんばんは、ヤマネコです。

二年前の初夏、クーラーボックスを買いました。

保冷が最大の目的ではありましたが、発酵食などをつくるときに「鍋ごと保温」もできるのがいいかなと。期待どおりとても便利に使っていたのですが、その後ヨーグルトメーカー圧力鍋といった道具もそろい、クーラーボックスの出番は少し減っていました。

それでも夏になると活用の幅は広がり、今年は親戚宅の新盆にも貸し出すなど大活躍。買っておいてよかった(もう少し大きめでもよかった)なと思う機会がたびたびあります。

 

そして秋、クーラーボックスの繁忙期もそろそろ終わりに近づきました。でもこれを空っぽのまま保管しておくのはもったいないと思い、すぐには使わないけれど必要なものを収めておくことに。

実は昨年の秋冬も同じものを入れたのですが…

非常時用に多めのストックをしている、飲み物類を収納することにしました。
(時々来ていただく業者さんにお渡しする缶コーヒーも入っています)

 

この場合は長期保存目的で、保冷(保温)効果は必要ありませんが、もともとペットボトルを収めやすい形状となっているため、飲み物を収めておくのにはぴったりな場所でした。いざというときはこのまま持って移動するのも楽々。

春夏は活躍の場面が多く、秋冬は出番の減るクーラーボックス。

本体の素材は軽いので、中身を入れずに空っぽにしておけば高い場所に収めておくこともできますが、わが家では備えの目的で、できるだけこの中は長期保存の利く飲食品で満たしておこうと思っています。

 

本日の猫。

末弟にされるがままの兄猫…なんだか日を追うごとに申し訳なくなるばかりです。

それにどうしよう…こういうエイリアン(映画)観たことある…。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ