マウスウォッシュ、はじめました。

こんばんは、ヤマネコです。

生まれて初めて、自宅でマウスウォッシュを使い始めました。

 

マウスウォッシュは子どもの頃に父が使っていた記憶があります。当時のものはテレビCMなどでも見かける、私でも知っているような市販品。それに対して私が抱いていた印象は「まずそう」の一言に尽きます。薬っぽいものというイメージもあって、使ってみたこともないのにそう思っていました。

もう一つ記憶に残っているのは、洗面台に大きなボトルがドンと置かれていたこと。子ども心にずっと「邪魔だな」と感じていたんです。

以来、無意識のうちにネガティブな評価を持ち続けていたのですが、そんな私も数年前からオーラルケアへの関心が高まり、使う道具も少しずつ見直す中で、とうとう試してみたいと思うようになりました。

 

本当ならかかりつけの歯科でマウスウォッシュ選びの相談をしたかったのですが、実際に動き始めたのが歯科の定期健診直後。しばらくお邪魔する機会がありません。ひとまず自力でさがしてみようと、いくつかの候補の中から選んだのがコンクールFというマウスウォッシュ。

もともと歯ブラシや歯みがき粉は歯科専売品から選ぶことが多くなってきたため、今回もそういった品を扱っているお店で買ってみることにしたんです。

 

私にとっては初めて使うものなので味や使用感を他社製品と比較することができないのだけれど、購入時にすごくいいなと思ったのが製品の容量。100mlで1,000円ほどです。

最初にこれを知ったとき、ドラッグストアのものよりかなり割高だなと思いました。事前に確認していたマウスウォッシュの相場は1Lで1,000円くらいだったから。歯科専売品の歯みがき粉などもそうですが、こういう特殊なものはやはり高いのかなと悩むことに。

ところがよくよく確認してみると、100mlしか入っていないコンクールFは原液を口に含むものではなく、コップの水に数滴たらして使う濃縮タイプ。

ボトルの先端が細口になっていて、一滴ずつ落とすことができるようになっています。

一度に滴下する量にもよりますが、100mlのコンクールFは350~700回使えるそう。
一方よく見る市販品は1Lボトルのものを原液のまま20mlずつ使うとして、約50回分。

お値段が同じ1,000円前後だとしたら、コンクールFのほうが圧倒的にお得。私は送料を含めて1,200円ほどで買ったので一回分のコストも2円弱。まずはこれから試してみよう、と思った最大の理由はこれでした。

(コンクールFの定価は税込み1,100円です)

 

またコスパの面だけでなく、ボトルが小さいおかげで収納時も省スペース。購入頻度もかなり抑えられるし、予備を用意しておく場合もあまり場所をとりません。

  • 効果が平均約12時間続くため、一日二度の使用が理想的。
  • 使用期限は未開封の状態で製造から三年。
  • 開封後は半年を目安に使い切る。

また大きなボトルのマウスウォッシュだと置き場所の理由から家族とシェアして使うことを検討していたと思うけれど、このサイズなら一人一本にしても無理がないかなと。コロナ禍ゆえ、そんな部分もメリットに思えました。

 

結論からいえば、他のものに挑戦することなくこちらを使い続けて数ヶ月たちます。

ずっと「まずそう」という偏見があったので最初に試したときはおそるおそる。若干苦味を感じましたが、歯みがき粉よりも刺激は少ないし、パッケージの説明どおり使用後は口内がすっきり。想像よりもずっと使いやすく、歯みがき後の新習慣になりました。

外出時はマスク生活なので口臭を気にする機会もなくなりつつあるものの、一緒に試し始めてくれた友人が「ニンニクを食べた後でも安心できる」と大絶賛していたので、相当効果があるようです。

 

とても満足感が高いのですが、個人的に気になってしまうのが着色剤。

写真は20mlほどの水道水に、コンクールFを五滴ほど落とした直後。水に混ざり始めてはいますが、はっきりとグリーンがわかります。

これはパッケージにも明確に着色剤と書かれているので、人為的にされた着色。口に入れるものなので色はついていないほうがいい、というのが本音でした。

ただ色がついているおかげで混ざったかどうかの確認がしやすいことも実感しました(上の写真はコップを軽く揺すった後)。もとより希釈して使うものなので、着色剤の使用にはそういった理由が含まれるのかもしれません。

また一度は口に入れるとはいえ、うがい後は吐き出すもの。今は納得して使っています。

 

昼間の使用は思い出したときに一度、加えて就寝前の歯みがきの仕上げでは必ず使うようになりました。

  • ムシ歯の発生および進行の予防
  • 歯肉炎の予防
  • 歯槽膿漏の予防
  • 口臭の防止

思えば以前の私は「マウスウォッシュを使う必要性」というものを理解しておらず、口臭予防が主な目的だと考えていました。ところが私が想像する以上に様々な効果をあわせ持ち、使用感もすっきり。初体験ゆえに心配していた不快感は一切なし。

使用期限を鑑みても半年で1,000円くらいの費用なので、続けない理由を見つけられません。

マウスウォッシュは長いこと勝手なイメージで敬遠してきたものでしたが、試し始めてよかった。この新習慣は続けていこうと思っています。

 

※定価1,100円ですが、一点から送料無料のお店をさがしてこちらで買いました。

 

本日の猫。

時々猫の手足が絡まっているように見えてしまうのですが……

そんなこと、まったく意に介さずに眠る姿を見て安心します。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き