2年目の、吸水型サニタリーショーツ。

こんばんは、ヤマネコです。

2020年から吸水型サニタリーショーツ、comfitsを使い始めました。

※女性用ショーツの話です。

ショーツのクロッチ部分が吸水(吸血)仕様になっていて、基本的には月経中のナプキンがいりません。洗ってくり返し使えます。

従来品との勝手の違いに多少の工夫は必要だったけれど、私としてはとても便利に愛用中。

購入時期から考えればこの秋で三年目。ただ私は夏場の使用を暑さや蒸れから断念したため、体感としては丸一年と少しお世話になっている感覚です。

 

使用感は今も変わらず、とても快適です。

  • ゴムを伸ばす必要がほとんどないジャストサイズに近い着用感なので、フィット感に変化なし。
  • 生地や(一部アイテムの)レースにはほころびや毛玉などの経年劣化なし。
  • 色が黒なので目に見えて落ちない汚れなし(汚れがあったとしても見えない※後述)。
  • 吸水力の衰えなどの実感なし。

初見では一点の価格が高いというデメリットを感じましたが、生理期間中だけ、それも一枚につき月に多くて五回程度の使用回数(数枚で回すため)なので個々の傷みが少なく、相当長持ちしそうです。

(ショーツの写真は新品開封時のものです)

公式のQ&Aを見ると「通常のショーツと同じように使える」との回答もあり、使用頻度を考えればかなり長期間使えそう。私は年齢的にも(生理用として)一生ものになる可能性まで想像するほどで、総入れ替えするとしてもこの先一回程度かなと。コスパとしては満足でした。

 

心配していたお手入れについても、慣れてしまえばさほどハードルの高さはありません。

  1. 軽くもみ洗いする(長時間の使用後や、経血量によってはアルカリ性洗剤とともに少しつけ置きする)。
  2. 洗濯ネットに入れて、アルカリ性の洗剤とともに洗濯機で洗う。

吸水力の高いアイテムで乾燥機の使用NGとされているため、乾きにくさはあります。この点は脱水時間を長めにしたり、干すときに立体感を出したりすると乾きも早くなりました。

 

購入後、少したってから追加で始めたお手入れが、生理期間の終了後にまとめてもう一度洗う流れ。

期間中は洗濯を一度終えた状態で下着の待機位置に戻すのですが、その期間が完全に終わってから、洗濯ずみの吸水ショーツをもう一度少し念入りに洗い、乾燥させ、それから収納するようになりました。

 

現在の使用感については前述しましたが、「生地が黒いので汚れがあるとしてもわからない」というのがメリットでもデメリットでもあるポイントだと思っています。

衛生用品ともいえるアイテムのため、当初から汚れが見えないことへの不安がありました。ただ仮に汚れが目立つような生地だったとして、その汚れが落とせなかった場合のことを考えると気軽に何度も買い直せない金額でもあり、仕方がないものと受け入れてもいます。

そこであくまで自己満足の範疇で、月に一度(生理期間後)は二度目の洗濯をするようになりました。

目に見える汚れを落とすわけではないので漂白剤は使わず、主にセスキ炭酸ソーダで軽くつけ置きし、その後でアルカリ液性の洗濯用洗剤を加えて洗濯機で洗い直し。これは他の衣類とまとめてしまうことも多いのですが、二度洗いすることで衛生面での安心感を得ることにしています。

 

くり返し行う洗濯もほぼ洗濯機任せで、大した手間はありません。手で干すものが少し増えるくらい。

それでもこのひと手間を加えることで、これらのショーツを次の出番まで清潔に保管できるようになるのでは、と思えるようになりました。

  • 日常的なお手入れは、軽いもみ洗いの後に洗濯機で。
  • 生理期間が終わった後は、洗濯ずみのものをまとめて再度洗い直してから収納。
  • 季節や体調によっては無理せず他のアイテムを活用(併用)する。

このあたりが私のマイルールです。

追加のお手入れも含めて慣れてしまえば扱いに大きな負担はありません。使い捨てない生理用品は布ナプや月経カップなどを試してきましたが、着用や管理方法としては一番楽なのではないかと。いつまで必要なものかはわかりませんが、試すことができたのは本当によかったと思いました。

 

 

本日の猫。

寝ている。かと思いきや、寝たふりですね?

バレてしまった! と思ったのか、ぎゅっと縮こまって更に寝たふり。

気づくと毎朝この調子。

おそらく「起きたくない」という意志表示なのだと思います。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き