ワッフル生地のワンピースと、ネコ。

こんばんは、ヤマネコです。

この秋冬は、ユニクロのワッフルクルーネックワンピースをメインに着用しています。

ここ数年は、いつも同じワンピースを二着購入して日替わりで。

色を変えることもありますが、形やサイズは大抵おそろい。私の場合はファッションへのこだわりが少なく、できればお手入れにも手のかからないもの、というのが優先条件。おしゃれな方をお見かけするとあこがれる気持ちもわいてくるけれど、在宅業にはもったいない気もするし、自分にも同じように日々の努力ができるか? と考えると身の丈にあったものへと思考が戻ってきます。

最優先事項は、猫との相性。

猫との暮らしを前提にして、動きやすかったり、抱っこしやすかったり。毛がつきにくかったり、取り除きやすかったり。はずれやすい飾りがないことやひっかき傷に強いことも大事で、冬なら厚みもほしいところ。静電気が起きにくいことも重要です。

 

ちょっと特殊な条件のもとですが、今回のワンピースはとても満足度が高いです。

夏場はお休みしていたものの、春から着用し始めたのに傷みを感じる部分がほとんどなくて。それでいて今も静電気が起きないし、化繊混紡だから乾きやすい。できれば同じ生地と色でリピートしたいと思うほどです。

(現行/後継品はカラーが違うので今は検討中です)

 

とはいえ、劣化がまったくないわけではありません。自然な経年劣化というより、猫による部分がちらほら。とくに多いのが猫の爪による糸のとびだしです。

正直さほど目立たないと思うのですが、こういう部分はさっさと補修してしまうに限ります。

使うのはほつれ補修針。毎日ではないけれど、季節を問わずお世話になる簡単なアイテム。とびだした糸を針(ざらざらしている部分)にひっかけて、生地の裏側に押し戻す道具です。

ワッフル生地にも問題なく使えました。
(自分でもどこかわからなくなってしまったのですが、写真真ん中の辺りです)

 

もともと他のニットに比べると糸のとびだしは少ないほうだと感じる、ワッフル生地。それでも猫を抱いているとどうしても日常茶飯事になってしまいます。

そんな中、手芸に対する苦手意識のある人間にとっても大きな手間なく、ささっと補修できる準備があるというのは本当に安心なことでした。

 

穴があくほどの劣化を感じ始めたら買い替え時になりそうだけれど、今のところはその兆しもありません。お手入れについては他の洗濯物と同じ方法で問題なく、今回のようなちょっとしたトラブルも手元の道具で不満なく対応できたためホッとしました。

今季中は(できればもっと長く)大事に着用していきたいです。

 

 

本日の猫は、本文中の写真のつづきなのですが……

実は最初、ちょっとかがんで作業していた私の背中にとびのってきたんです。おりてほしいと交渉した結果、肩づたいに前へと移動。

意地でも降りない! という意志を感じ、仕方なくの抱っこタイムでした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き