2018夏の大掃除まとめ、最低限の再開。

こんばんは、ヤマネコです。

各シーズンごとに大掃除と称した家のメンテナンスをしていたのですが、しばらくサボっていました。

※掃除中の汚れ、ゴミ、埃画像などを含みます。

夏の大掃除

お手入れ頻度が低い場所、且つやや大掛かりな作業を「大掃除」としてシーズンごとに行っています。ただし昨年末~春はほとんど何もできなかったため、久しぶりの作業にドキドキしながらスタートしたのがおよそ一ヶ月前のことでした。

作業していた期間

作業の八割が、お盆期間を除く8月前半。後半は家事に使える時間が少なかったので、取りこぼした分をできる範囲で回収して終えました。

大掃除スタート

作業を進めた順番ではなく、場所・設備ごとにまとめています。

キッチン

IHコンロのおかげなのか、あまり汚れない換気扇(レンジフード)。とはいえ前回の掃除から半年以上も経っていたのでドキドキしながら開けました。

心配していたほど汚れておらず一安心したついでに、サーキュレーター(無印良品)のカバーなどもセスキ水&ぬるま湯で浸け置き。もちろん最後に水洗いします。

換気扇と前後して、水栓もお手入れ。

これは水栓の伸びる部分をクエン酸水(重曹+クエン酸を使うこともあります)に浸けているだけなので、大掃除をサボっている期間中も定期的に行っていました。

今回は更に分解して洗浄。

実はこのとき使った「クエン酸水」は、前出のシロッコファン&サーキュレーターの浸け置きを終えたあとの「セスキ水」に流しこみ、中和させるのに再利用しています。

ニトリの花瓶が大活躍でした。

キッチン:先送りすること

冷蔵庫の周辺掃除(移動させての床や壁)
コンロ本体の分解掃除(グリルなどのすき間)
各種引出しの分解掃除(全出し&拭き掃除までは時々行っています)

そのほか細々したところは週課や月課に組みこんで不定期に行っています。

バスルーム

バスルームも換気扇から。空気を循環させる設備が一番気になる&清潔を保ちたい場所。

キッチンよりこちらのほうに埃が多かったのは、狭い空間で洗濯物を干しているからかもしれません。今回ここは石けん水(マジックソープ)で浸け置きしました。

そのあと、ザザッと洗って干すだけ。

お目汚しで申し訳ないのだけれど…

湯船の真上にある換気扇から、落とした埃が今年もすごかった。

毎晩、湯船につかりながら見上げては気になっていた場所。ようやくすっきりさせることができ、本当によかったです。

洗ったパーツが乾くまでの間、バスルームの出入口レールにはクエン酸パックを施しました。

それから写真がないのですが、知人宅(片づけ手伝い中の家)から使いかけのカビキラーをいただいたので、今夏は久しぶりに塩素系で細々したところの漂白・除菌をしました。常備予定はないけれど、時々使うとすっきりします。

水栓、シャワーの分解洗浄も行いましたが、入浴中の作業だったため写真がありません。

バスルーム:先送りすること

エプロン内部の掃除
バスルーム扉の分解掃除

大がかりな作業が二つ残ってしまいました。扉は秋冬の作業を避けたいので(寒い季節は樹脂が硬化して壊れる危険があるため)、来年になりそうです。

家電

エアコンの本格掃除は夏の初めにプロの手をお借りしました。

併用するサーキュレーターや扇風機は、キッチンの換気扇と同時にお手入れ。そして同じく活躍していたのが除湿機。

これは本体の埃とりと、フィルターの丸洗い、そして消耗部品も交換。

夏の間はかなり活躍してもらいました。

先送りすること

掃除機の丸洗い(すっかり忘れていました)

先送りとは違うけれど、秋の大掃除では石油ストーブのお手入れを優先して進めることになりそうです。

そのほか

8月の前半だったと思うのですが、台風(?)明けにベランダ掃除をしました。物陰からカエルが飛び出してきて阿鼻叫喚、高圧洗浄機がいきなり沈黙して周章狼狽、結果的に写真を撮り損ねてしまったようです。

それ以外の水まわり、窓まわりなどは、とくべつな作業はしないことに。

おわりに

これまでの大掃除と比較すると、作業箇所はだいぶ減ったように思うのですが、今夏はひとまず「再開できたこと」を自負したいなと。私にとって「新しく始めること」や「一度失ったやる気を取り戻すこと」のハードルが恐ろしく高いので、ここにきてやっと踏ん張れる力を取り戻せてホッとしました。

そうはいっても、もう9月。すぐに秋の大掃除も始めることになりそうですが、無理のない範囲で、少しでも年末の負担を減らす準備を進めたいと思います。

 

本日の猫。

台風一過で、やはりちょっと気温が上がった本日。ここ数日はエアコンを休ませる日もあったのですが、今日は必要でした。

季節の変わり目って、頭を働かせないといけないことがたくさんありますね。

取り急ぎ、君はお尻が落ちそうなのを気をつけて。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告