猫から、カメラ目線をいただく工夫。

猫から、カメラ目線をいただく工夫。

こんばんは、ヤマネコです。

毎月22日になると、なんとなく「猫の日だなあ」と考えます。

一般的にそう呼ばれるのは「2月22日」だけだと思うのですが、猫中心生活だともっと頻繁に、猫さまを崇め奉ってもいいんじゃないか(?)という気持ちになるのです。

実際には、いつもよりちょっとだけごはんが豪華になる程度なのですが。

 

ブログを始めてからのことか、それよりも前からか、猫たちの様子を写真に残すのが、私の日課になりました。

もともと猫写真の撮影は趣味の一つのようにもなっていましたが、今は「毎日欠かさず」といっても偽りないペースになっています。

 

シャッターチャンスを求めて猫を追いかけまわす日々、なんとかこちらを見てもらおうと四苦八苦していました。

最初は、食べものでカメラ目線を誘っていました。

いつも走って来ては全力で愛嬌を振りまいてくれたのですが、大抵、撮影が終わるまでおあずけを食らう(私が撮影に夢中で、途中で食べものをあげるのを忘れる)というのがバレてからは、反応がにぶくなってしまいました。私の自業自得です。

その後、猫じゃらしで遊びながら撮影するようになりました。

片手で猫じゃらしを振り、片手でカメラのシャッターを切る。でも猫じゃらしを振りながらだとカメラを持つ手も安定せず、手ブレがひどくなりました。またカメラはポケットに入れられても、猫じゃらしは難しいという問題も。

 

そこで取り入れたのが、猫じゃらしの「交換用パーツ」。

猫じゃらし、とくに「紐つき」のタイプで一番劣化しやすいのは先端のおもちゃ部分。棒や紐がほぼ無傷という場合に備え、そこだけ交換できるものが市販されていました。

紐を結んでしまえばいいだけなので、他社の紐つき猫じゃらしにも使えると思います。デザインもいくつか選択肢がありました。

私はこういうデザインのものを、デジカメのストラップにしています。

 

これでカメラとじゃらしを、セットで持ち歩きやすくなりました。紐を使って振り回さなくても、かしゃかしゃという小さな音にうちの猫たちは反応してくれます。

短い紐(ゴム)でカメラとつながっているので、おのずとカメラ目線、それに近い写真が撮れるかなと。

ただし、紐が短いからこそ…

気をつけないと「おもちゃが写りこんでしまう」、というデメリットも。

またバッグやポケットにカメラを入れて移動するとき、おもちゃ(ストラップ)の部分がかさばるのもマイナスポイント。猫同伴でない外出時は取り外すことで対処しています。

 

ちなみにわが家で一番人気の猫じゃらしは、ペッツルートのカシャぶんシリーズ。

前回買ったのはドギーマンのお好みじゃらしで、音が違いました(素材が少し硬めでした)。うちの子たちにとっては、カシャぶんのほうが反応はいいかなと。

ただ、カシャぶんの交換用パーツは見つからないので…
カシャぶんロング用はありましたが、鳥の羽がついていないもの希望でした)

通常タイプの先端だけをカットして、カメラにつなげようかなと思っています。

ちなみに、カシャぶんシリーズの中の「ねずみ」だけ、しっぽにつり紐が引っかかって使いにくいと感じるのですが、個人的にデザインが好きなので、今回の用途ならと選びました。

 

中には声をかけるだけでこちらを向いてくれる子もいるのですが、そんな奇特な子ばかりではないわが家。

ブログのためでもあり、思い出づくりのためでもあり、健康記録のためでもあり、ただ好きなだけ、という理由もありながら、これからも色々工夫しながら、猫たちの写真を撮り続けたいと思います。

 

というわけで。

カシャカシャッ!

うん、かわいい!………まあ、どの角度からでもかわいいんですけど。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ