ネコ同伴の、車中泊に備えて。

こんばんは、ヤマネコです。

9月11日。毎秋、この日を目安に防災用品の見直しを行っています。

備蓄の状態も確認しつつ整理し直したり入れ替えたり、避難場所や連絡方法を家族と話し合ったり。変わらないことも、改めたいことも、少しずつ変化するものごとの再確認を行うタイミングとして考えています。

それは今年も引き続き、と思う中で、一年前の夏から試していた防災用品がこちら。

「車中泊」を想定して手に入れた、後部座席用のシートです。

 

私が購入したのは有名メーカー品ではなくて、Amazonで見つけたお手頃アイテム。とりあえず一つ試してみて、サイズの目安にしつつ、改善希望のポイントなどを考慮して選びなおせたらいいなという目論見で千円ほどのものを買いました。

ところが思いのほかしっかりしたものが届き、今のところ早急に買い直す必要性などは感じずに使い続けられています。

 

というわけで、設置した状態がこちらです。

特別広くも凹凸もない、ごくごく普通の車の後部座席。設置方法は前後シートの「ヘッドレスト」にワンタッチベルトを引っかけるだけ、ととても手軽。

シート自体にほとんどクッション性はないけれど、厚手で猫の爪にも強そうだし、汚れも拭き取りやすい素材。更に四隅のファスナーを上げることで「蓋(上部)なしの箱」のような形にもなります。

シート自体の大きさ(広さ)は要確認ですが、特殊な車でなければ大抵の後部座席には設置できそうかな? という印象でした。

 

このタイプのシートの本来の(主な)用途は、後部座席でおとなしくできる子(猫というより犬)をドライブに連れ出すときに使うものかなと。車内で抜け毛などが散らかったり、泥んこの足でシートが汚れたりするのを予防するためのものだと思っています。

ただ私が想定していた用途は、災害発生時などの「車中泊」。それも猫を連れての話でした。

 

万が一の災害発生時、それも自宅が大破してしまった場合、逃げ出す(避難する)ときに限っていえば猫たちの安全のためにも個々のキャリーバッグを用意したほうが脱走防止にもなり安全だと思います。そしておそらくは、ペット同伴の避難という形になるのかなと。

ただわが家の猫たちは、複数。全員を連れての避難には、脱走、物資不足、ストレス、様々な不安があります。そのため一つの選択肢として「車中泊」も想定しておくことにしました。

それだって最善とはいえないし、異なる不安は多々あるけれど、あくまで選択肢を増やしておくことが安心材料になると思うからです。田舎暮らしゆえ自家用車(家族の通勤用でもあります)は必要で、それなら尚更役立てなければと。

 

数日、数週間に及ぶ車中泊を前提とした際に、ずっと猫たちを小さなキャリーバッグの中に閉じこめておくのは酷。停車中に限り、ある程度体を伸ばしたり、トイレにも自由に行けたりするような環境をつくってあげたいなと思っていました。

悩みの種は、普通車の内側には「もぐりこめてしまう場所」がいくつか存在すること。ダッシュボードの下、座席(運転席・助手席)の下、荷物をのせるならその物陰なども心配で、そういうスペースの確認とともに、そこへ入りこめなくする工夫も必須。

その対策の一つとして、簡易的ながら後部座席の首から下あたりをすっぽり覆えるシートが役立つかなと。

上部が開放されている不安要素はありますが、そのおかげで広さが保たれ、人間も同じスペースに収まることができます。寄り添って眠ったり、抱っこして落ち着かせたり、そんなことにも使えそうでした。

シート本体にはちょっとしたポケットもあちこちについていて、猫たちを一時的に収める洗濯ネットやタオルなどを入れておき、必要に応じてサッと使えるようにしておくのも便利そう。

座席へ取りつける際もあっという間ですが、同じくらい取り外しも簡単。だから猫がうっかり座席下にもぐりこんでしまった場合の救出も、ふだんどおりにできました。

 

実はこのシート、猫をのせないときにも車に装着しっぱなしです。

といっても「後部座席のヘッドレスト」にだけ留めて、前のシートからは外し、途中まで折りたたむような状態で敷いています。後部座席の座面だけを覆うような形。

車で使うシートなので常に車載しておきたいけれど、たたんでおくのもかさばって邪魔になる。それなら必要なときに開いてサッと使いやすいよう装着したままにしておきたいなと。

……そんな意図だったのですが、家族が仕事道具や買い物の荷物などを無造作に後部座席にのせることが多かったので、その敷物として使ってるんです。シートが汚れないのはもちろん、摩擦で座面の生地が傷むことも予防できているようで、想定外の用途でも家族からは大絶賛でした。

後部座席が埋まるほど友人たちをのせる場合には外すこともあるようですが、その機会は多くないし、着脱も簡単。車自体は家族の所有なので、場合によっては玄関に収納しておくつもりでいたのだけれど、ストレスなく常備してもらえて何よりでした。

 

また、今思えばの話になりますが、二年前、長距離通院をしていたときにもこのシートがあれば役に立っただろうなと。嘔吐などがあっても座席の生地には被害が及ばないし、設置場所に悩んでいたトイレも難なく座席におけたはず。

過去についてのそれは考えても詮ないことだけれど、これからの通院にも活躍。なんなら私が車酔いして後部座席でぐったりしているときにも活躍してくれるかも。そんな具合で、日々、多様性を感じられる防災用品になりました。

 

もう同じものは販売されていないのですが、デザインはこちらが近そうです。

 

本日の猫。

昨年買ってよかったものの一つには、愛用カーペットタイルに見た目の近い磁器タイルもありました。

このひんやり感。思惑どおり猫たちにも気に入ってもらえたようで、残暑の続く中でもひそかな人気スポットになっています。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き