組み合わせて使える、猫のキャリーバッグ。

組み合わせて使える、猫のキャリーバッグ。

こんばんは、ヤマネコです。

2月と書いて「ニャン月」と読みたい如月のおわりは、また猫アイテムについて書かせてください。

先日、猫用カートについて書きました。

とてもお気に入りであることには間違いないのですが、購入するときに妥協した点が二つありました。

 

一つは、色。当初は白系がよかったのです。

ただ外で使う以上は汚れるし、田舎道や公園では泥はねの心配も尽きません。汚したくないから使いにくくなるのでは本末転倒だし、ほしい商品に該当のカラー展開がないことに気づいた時点で、早々にあきらめました。

ヤマネコさん(@yamanekotora)がシェアした投稿

最終的にオリーブにしたのですが、田舎でカートに猫を入れて歩いていればそれだけで十二分に目立つので、悪目立ちしない色でよかったと今は思います。

あとは同メーカーから「替えカバー」が出ているので、今後のデザイン展開に期待したい、というのが理由にもなっています。

 

もう一つの妥協点は、分解して使えないこと。

他社製品の中には、躯体(アルミフレーム)から猫が入っている部分(キャリーバッグ)を取り外し、別々に使える仕様のものもありました。

  • 病院内などでは、かさばるフレームをたたんでおける。
  • 公共の交通機関を使うとき、猫をカートからバッグへ移す手間や、脱走の心配が減る。
  • キャリーバッグの購入費用が節約できる(そのぶんカートが高価)。

など。分離して使える場合のメリットはたくさん考えられたのですが、迷いに迷い、最終的には「本体の軽さ」を優先して「多用途さ」をあきらめました。

 

ただ、後者のデメリットは思わぬ形で消え去りました。

もともと愛用していたキャリーバッグが…

まさかのジャストフィット。

多少の干渉はありますが、ソフトキャリーなので融通が利き、上部のカバーも難なくファスナーで留めることができました。

 

異なるメーカー品のコンビなので、残念ながらふさがってしまう窓はあります。

でも無駄のないフィット感のおかげで、カート内はさほど狭くならない様子。

猫も窮屈そうにはしていないかなと。

辺と辺、角と角がほぼぴったり収まり、とにかく快感です。

 

このキャリーバッグを買ったのは一年くらい前のこと。

  • たたんで収納できるソフトキャリー。
  • 万が一に備え、猫が「寝そべった状態」で入れる大きめサイズ。
  • 開口部(猫が出入りする部分)が大きいこと。
  • 移動時は肩にかけて持てる形状。
  • たわみの少ないしっかりした底板。
  • 丸洗いできる素材、できれば綿。

この条件で探したら、当時はこの商品しか見つけられず。でもそのおかげで、数少ない「日本製」のキャリーバッグに出会えました。

 

とくに重要だったのが「丸洗いできる」という条件。

これまで使っていたキャリーバッグの多くは、洗濯不可の商品ばかり。でもくり返し通院に使っていると、慣れない環境に(或いは病状によって)粗相をしてしまう子もいて、その都度買い替えを余儀なくされることも。

それなら安いバッグに防水シートを敷きつめて使えばいいかなと思っていたけれど、最初から「洗えるもの」を選んでおくのも心強いし、買い替え回数を減らせるなら元を取ることも可能かなと、こちらに決めました。

結果、意図せず運命的な(?)コンビ誕生にもつながったので、大満足です。

 

わが家には、来月も通院の続く子がいます。

そのことについても日々想うことはあるのですが、その事実を変えられない以上、まずは少しでも道中の猫にかける負担を減らしたい。

そう考えると、これらはギリギリ間に合った「備え」だったと思います。

 

うちの神コンビ(楽天リンクです)。

 

今の暮らしのテーマ。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ