100円で楽になる、猫のトイレ掃除。

こんばんは、ヤマネコです。

日々、人間用と猫用、両方のトイレ掃除をしています。

 

猫用トイレのごみ(排泄物を含む)は、地域のルールに則って可燃ごみで出しています。ただ指定のごみ袋は半透明。そこに直接トイレのごみを入れるのは抵抗があったため、黒くて小さめのポリ袋を重ねるようにしています。

その小さいごみ袋用に、100円ショップ(キャンドゥ)でマルチスタンドというものを買いました。

たたむとコの字型の細長いパーツを、開いて、立てて使うアイテム。

山崎実業の製品(タワーシリーズ)で似たようなものを愛用しているのですが、その簡易版のような印象でした。

タワーシリーズの製品「エコホルダー」はスチール製で頑丈、まな板なども立てられる安定感があります。それに対し、100円のマルチスタンドはABS樹脂でかなり華奢なつくり。

推奨用途は変わらないけれど、100円のスタンドには先端にも足裏にもゴム(すべり止め)がついていません。プラスチックの角にも丸みはないので、かけた袋の薄さや、その中に入れるもの(ごみ)の重さによっては破れてしまいそうな心配も。

つい乱暴に扱ってしまいがち(しかも力加減が下手)な私にとって、この華奢なスタンドを「長持ちさせる」のは難しくも思え、毎日使う目的で選ぶなら、高価であってもタワーシリーズの頑丈さをとります。

 

それでも100円のマルチスタンドを買ったのは、月に数回行う猫用トイレの砂の「総入れ替え」のためでした。

(以下の写真はイメージで、洗浄ずみのトイレを砂なしで撮影しています)

トイレ本体を傾けて、残った古い砂を袋の中に流しこむときに大活躍。というのもこの作業、一人ではなかなか「袋の口を開けたままにしておく」というのが難しかったんです。

これまでは必ず家族に手伝ってもらうか、散らかることを前提にして屋外で作業するか、その都度袋をかけるためのダンボールなどを使う(毎回用意し直す)か、大きなごみ袋に使用ずみの砂を直接移すか、など理想と思える選択肢がなかったのですが、このスタンドのおかげで単独作業がとてもしやすくなりました。

 

ただこのマルチスタンドを見かけたのはSNS上で、これだ! と思ったものの、実物を持ってみて「こんなに華奢なのか」と買うのを迷いました。ざらざらっと流しこむトイレ砂の重さや衝撃に耐えられるかが心配だったから。

ただ一番活躍してもらいたい砂の総入れ替え作業は、月に一度か二度で、一回ごとの使用時間は長くて10分程度。毎日の掃除には(あれば便利だけれど)必須ではないので、このくらいのペースなら気をつけながら長く使っていけそうかなと。

また山崎実業のマルチスタンドにはこのサイズ(コの字の状態でタテヨコともに約20cm)がありません。背の高いタイプも持っているけれど、今回ほしかったのは高さより、袋の口が大きく開く形状のものでした。

その点、100円のマルチスタンドは手持ちの黒いごみ袋(7L)との相性もよく、便利に使えています。

また直接排泄物にふれる使い方はしませんが、「猫のトイレごみを入れる」という用途なので、アルコール消毒ができたり、場合によっては買い替えやすいお値段なのもありがたいなと思いました。

(ABS樹脂はアルコール耐性が低いので、劣化の可能性も理解の上で拭くようにしています)

 

毎日キッチンで使うなら、うっかり者の私にはスチール製のほうが安心できます。わが家にあるもの(山崎実業のエコホルダー)は十年くらい使っているのに、全然劣化を感じません。元は十分取れました。

でも100円のマルチスタンドは大きさや形状からかゆいところに手が届き、つくりが華奢なぶんとても軽く、買い替えやすいメリットもあり、評価はアイデア次第といえそうです。

今回は猫のトイレ掃除の手助けに、とても重宝する買い物になりました。

 

本日の猫。

春になったと聞きました。

でも今日の関東はちょっと寒かったんです……困る……。

また冬眠の準備をすべきでしょうか……。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き
シンプル・ミニマルライフの美容と健康