昔と今のヘアケア、椿油に感じる変化。

昔と今のヘアケア、椿油に感じる変化。

こんばんは、ヤマネコです。

今年から使用を再開した椿油を、少し前に使い切りました。

椿油を使い始めたのは十年近く前。

 

昔の私は、とにかく「いい」と聞けばなんでも試してみたくなり、レビューやアドバイスに左右されてはあっちへヨロヨロ、こっちへフラフラ。常に複数のアイテムを併用していました。

「自分にとって最適なもの」を探す工程は必要だと思いますが、当時はやりすぎだったと反省せずにはいられません。そのほとんどを使い切れなかったからです。

 

そんな私ですが毎回「椿油」だけは使い切り、今回も戻ってきました。

そして今は、迷わずリピ。

前回の40mlは半年ほどで使い切り、しかもちょっと足りなくなった(すぐには買い足せなかった)ので、今回はワンサイズ大きめの60mlに挑戦。

メーカーからの説明だと使用期限は開封後は一年以内とのこと。私もそのくらいを目安にしてヘアケアと櫛のお手入れに使い、半年後の残り具合でまた見直そうと思います。

 

初めて使ったのは十年くらい前、とは言え実際には十年間ずっと使っていたわけではなく、ブランクも長くありました。つかず離れずのおつきあいになる椿油。

実は使い始めた頃と今とでは、使用感に変化があります。

以前よりも使い心地がよくなりました。

 

初めて使った若かりし頃は、適量のつもりでも「まとまる感覚」が強く、ほんの僅か一滴でもつけすぎるとギトギトでした。

でも今は、以前より多めに使っても、しっとりさらり。スタイリング剤だったものが、トリートメント剤になったような。

髪質によって感じられる効果は違うだろうけれど、私が椿油に求めていたものはずっと「トリートメント効果」だったので、結果的によいほうに転びました。

 

これはたぶん、年齢とともに私の髪質が変化したから。

若い頃は代謝がよく潤っていた髪が、年々、乾燥気味になってきたから…と考えると、ちょっと切ないものがありますが、椿油一本でそれが充填されるなら、私の髪もまだ捨てたものではない(?)のかも。

 

更には、簪一本での結い上げもしやすくなりました。

昔からなんだかんだで手にする機会はありましたが、シンプルケアへの意識が強くなった今となっては、もう尚更、これだけでいい。

また年齢とともに見直すこともあるだろうけれど、「この一本があれば」と思えるアイテムがあることは、今の自分に、心強さと自信をもたらしてくれている気がします。

 

 

本日の猫。

暑いので…

ちょっとだけくっついて、お昼寝。

でも夜は寒いので、密着。涼しいお盆を過ごしています。
ちなみに敷いているのは、麻の(元)カーディガンでした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ