2007年製・12年前のテレビ、売れました。

こんばんは、ヤマネコです。

わが家の所有品ではないのですが、知人から相談を受け、古いテレビの処分を手伝わせてもらいました。

 

処分することとなったのは、2007年製、40型ほどの液晶テレビ。

今回は「新しく購入するテレビとの入れ替え」というわけではなく、完全に「処分」だけが目的です。

 

手放し方の選択肢も色々。でも梱包や発送が大変そうなサイズなので、あまり手間はかけない方向で。結局はリサイクル費用を自己負担して処分するしかないのかなと。

自治体などに依頼すると少しお安くなるそうですが、最初に問い合わせた家電量販店では「6,000円弱」の見積もりでした。

  • 必須となるのがリサイクル料(16型以上の液晶テレビは2,700円+税)。
  • プラス、依頼先によって違う引き取り手数料。
  • 場合によっては、運搬費用(持ちこみの場合は不要)。

いくつかの方法で検討した結果、地元だと全部で5,000円台の負担額が相場のようでした。

これまで少し大きめの家電(洗濯機や冷蔵庫など)を手放すときには、大抵「新しいものと入れ替え」のタイミングで、処分費用についてはサービスしていただけることがほとんどだったように思います。

だからあまり意識してこなかったのですが、テレビを一台手放すのになかなかの出費があるのだなと実感。そのまま一番手数料の安いところへお願いすることになりました。

 

……なったのですが、大方の見積もりが出たあと、ダメ元で再度検索してみたところ、なんとそのテレビを買取り対象としているショップが見つかりました。

しかも地元にも店舗のある「ブックオフ」でも対象品に入っている。

こんなことをしていたのはすでに処分当日のことで、自力運搬のためにテレビを持ち出そうとしている知人たちを一旦止めて相談し、急きょ行き先を変更。ブックオフへと持ちこんで、無事に買取りが成立しました。

 

処分のためにかかるとされていた費用は、5,000円強。
実際にかかった費用は、0円。

それどころか、2,000円ほどのプラスになりました。

 

今回の件で少し学んだことを。

  • 売る可能性があるのなら、「純正リモコン」や「取扱説明書」は捨てないほうがよい。
  • テレビ本体は、大手メーカー品のほうが買取り対応期間が長め。
  • B-CASカードは転売禁止のため、いっしょに売り渡さないよう注意。

リモコンや取説がなくても売れないことはないのですが、付属の可否が査定額へと大きく響くようです。今回はそれぞれ分別処分しそうになっていましたが、なんとか回収に間に合いました。

メーカーによっては「2007年製は買取り対象外」という場合もあるようです。今回のテレビはシャープのAQUOSで、2006年以降の製造品まで買取りOKとなっており、ぎりぎりセーフでした。

テレビ本体の裏側に挿入されている「B-CASカード」をそのまま持ちこんでしまったのですが、返却されました。これはB-CAS社に返却するか、自力で破棄する(裏側のICチップ部分にはさみを入れる)必要があるようです。

 

そして何より、「製造が十年以上前のテレビでも売れる」ということ。

実は処分について考え始めた時点で、一度、手放し方について調べてはいたんです。売れたら一番いいのだけどな、とも思いました。ただ古いテレビということもあって早々にあきらめ、あとはいかに「安い費用で処分できるか」を考えるばかりに。でももう少し「売れる可能性」を考えればよかったと今になって思います。

今回は間一髪でしたが、相談してくれた知人に損をさせずにすみホッとしました。

 

ちなみに今回の機種だと「買取り上限額が3,000円ほど」とのこと。全体的な使用感からマイナス査定があったものの、当初かかる予定だった処分費用も鑑みて十分満足してもらえたようでした。

最終的に、あきらめなくてよかったです。

 

宅配のほうでは、本棚の整理でたびたびお世話になっています。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

 

本日の猫。

きりりとした表情(と、もふもふの身体)でこちらを見ていた猫。

しばらく見ていたら、なぜかUターン。

直後に別の子が乗ってきて、悠々とした足取りでこちらに向かってきました。

これ、何かに似てるなと思ったら、ファッションショーの「ランウェイ」……じゃないかな?(リアル、キャットウォーク)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ