バスルームの扉掃除を、楽にする一工夫。

こんばんは、ヤマネコです。

先月後半、秋の大掃除後のバスルームで使い始めたものがありました。

扉についた通気口の、使い捨てフィルターです。

 

わが家のバスルームの出入り口は引き戸になっています。その足元に通気口がついているのですが、そのスリットの掃除がものすごく大変なのです。

手が入らないし、他社製品のようには(おそらく)分解できない仕様。なのに、意外と埃が入りこむ。

わが家の場合、埃の主な原因は猫の毛。次いで、衣類の着脱や洗濯で出るわた埃。そういったものを色々な方法で掃除してきましたが、おそらく内部に侵入したものをすべて取り除くことはできていません。これがずっとストレスだったんです。

 

ここ一年ほどは色々な「使い捨てフィルター」を見なおしていたのですが、そんな中で見つけたのが、この扉の通気口専用のフィルターでした。

プチプラなのですぐに試してみたいと思ったのだけれど、わが家の扉には、サイズ的に(使えないことはないけれど)大きすぎてもったいない。

それなら、と今回も家にあるもので代用してみました。

 

まずはフィルターを貼りつけたい場所のサイズを計測。

それから目の詰まった不織布クロス(排水口ネットなど)を用意して、ちょうどよいサイズにカットします。私は少し大きめにしました。

あとはダイソーで調達してきた、はがせるタイプの両面テープを使って目的の場所にぺたり。

ちょっとよれてしまったけれど、扉の開閉に支障がなければいいかなと。

この状態で一ヶ月ほど経過しましたが、なかなか良好だと思います。

 

新たな埃の侵入は、だいぶ阻止できているような実感があります。

不織布の表面には埃がついていることがあるのですが、簡易的なお手入れとして表面を掃除機で吸ってしまえばきれいになるので、フィルター自体の頻繁な交換は必要なさそう。とはいえ定期的に取り換える検討はしようかなと。

今回のフィルターはやや丈夫すぎる気もしたので、厚みや目の粗さはこれから調整していく予定です。

 

実は、一番最初はもっと目の粗い排水口ネットと、メンディングテープを使ってベタベタと試し貼りしたのですが…

即日、子猫がきれいに撤去してくれました。ひどい状態である自覚を持ちつつも、とりあえずは…と思ったのだけれど、やはり見逃してもらえなかった。

ちょうどこの頃

子猫からの厳しいダメだしはありましたが、わが家の場合は人間の目線からはだいぶ低い位置なので、色さえなじんでいればそんなに目立たないように思います。

あとは薄汚れているのに気づいたら、サッと交換しておくだけ。

 

以前はちょっと意地になるくらい「使い捨てアイテム」の多用には抵抗があったのだけれど、自分の力ではすみずみまで掃除できない場所があることもここ数年で十分に体感してきました。

必要に応じて選ぶ消耗品には、今後もお世話になりたいと思っています。

 

本日の猫と、ウレタンクッション。

数年前に購入したクッション。うちにはアンチウレタン派がいるので、これもあっという間にボロボロにされてしまうかと思っていたけれど、今のところ大丈夫そう。

きっと、敵のウレタンと、味方のウレタンがいるのでしょうね。

そんな味方のウレタンの上で、今日は子猫の電池が切れていました。
(このまましばらく動かなかったので、たぶん眠っていたのかと…)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告