なくならないで、びわこふきん。

こんばんは、ヤマネコです。

数年前から、朝光テープという会社が製造する「びわこ(ふきん)」を愛用しています。

ところが少し前から、このびわこふきんの入手が難しいと感じるようになりました。

 

もともと私の周囲では実店舗で見かけることは少なかったため、ネット通販での購入が常でした。確実に使うもの、そしてスキンケアの用途では定期的に交換しているものなので大抵は送料無料になるように調整しつつまとめ買いしていたんです。

ところが最近は徐々に扱う店舗が減り、在庫のあるお店ではこれまでの倍額以上の価格で並ぶようになりました。

一番お手頃なびわこふきんをこれまでは400円前後(300円台~500円弱)で買っていたのですが、気づけば多くのお店で1,000円以上に。

シリーズの中では大判のびわこα(これまでは1,300円前後で販売されていたもの)と勘違いして小さいサイズを注文してしまわれた方もいらっしゃるようです。まさか小さなびわこふきんが1,000円以上で販売されているとは思わないですよね、と共感してしまいました。

 

余談ですが、だいぶ前に購入を検討していた靴下の詳細欄に小さく「ペア」や「二枚」と書かれていて、お値段が他店よりも二倍近かったので二足入っていると思ったら、一足(左右一枚ずつでペア?)しか届かずびっくりしたことがあるんです。

Amazonだったのですぐに返品できたのですが、あれは紛らわしかったなと今でも思ってしまいます。

 

話を戻し、びわこふきんのこと。当初は経年による値上げなら仕方がないものと思ったのですが、どうやら価格が大幅に上がったのはメーカーさんの意図ではなく、転売価格のようです。

品薄のものを通常価格で買い占め、定価を大幅に上回る金額で売る。そのくり返しになってしまうため、必要な人にも行き渡らない状態が続いているのだろうなと。

 

朝光テープさんは、私が以前ちょっとした質問メールを送らせていただいたとき、とても丁寧にご対応くださったメーカーさんです。今回も直接確認できればと思ったものの、そういう問い合わせが殺到することで業務妨害になってしまう可能性もあるため今は控えることに。というのも当時は閲覧できたメーカーさんのホームページも、いつの間にかアクセス不能になっていたから。

とある販売店に他の質問とあわせてうかがった限りでは、やはり供給(入荷数)が減っているようで、もしかすると本当に製造自体が止まっているのかもしれません。

単純に愛用品が手に入らなくなることも困るのだけれど、一度はメールでやりとりさせていただいたメーカーさんなので、ただただ心配な想いもふくらみ始めました。

 

こういうとき、ただの消費者である自分には何もできないことがもどかしい限り。でも心掛けていることが少しだけあります。

  • すでに手元にある品は、いつも以上に大事に扱う。長持ちさせることを考えながら再販を待つ。
  • 購入できるお店を見つけたときに、焦って買い占めない。必要なぶんだけ買う。
  • 転売と思われる品を買わない。

転売業というのも情報収集力がなければ成り立たない職種だとは思うのだけれど、そちらで買ってもメーカーさんの利益が上がるわけではないこと、メーカーさんへの助けにはならないことを考えると気が引けます。また「転売かどうか」を把握することは難しいのだけれど、少なくともお店や販売価格に違和感を持ったら手を出さないことに。

幸い、まだ以前とあまり変わらないお値段で販売されているお店もあるようです。

私がすべりこみでお世話になったお店では一種類ごとに購入数の制限があったので、びわこシリーズの中間サイズである和太布に初挑戦。質感などは変わらないそうなので、サイズ的な使用感の違いなどを試しながら使ってみようと思います。そんなきっかけにもなりました。

 

詳しい情報が入ってこない中では今後どうなるのか? についてどうしても不安が残ってしまいます。今はただ、メーカーさんがご無事であるという情報や、びわこシリーズの再販と以前どおりの供給を、心からお待ちしています。

 

※商品ページへのリンクは数日たったら削除するつもりです。

 

本日の猫。

花よりだんご、ふきんより昼寝の弟猫。

ただ君も結構びわこふきんのお世話になっていますからね(昨年の写真です)。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き