安眠のために買った、猫じゃらし。

こんばんは、ヤマネコです。

この春、新しい猫じゃらしを買いました。

初めての「電動」猫じゃらしです。

 

猫じゃらしはただ遊ぶためだけのものではない、と思っています。

猫の運動不足解消(ストレス解消・ダイエットなど)となったり、コミュニケーションツールとしての役割があったり。振り方によっては人間にとってのストレッチ効果にもつながり、振ってるほうも、じゃれてるほうも、双方に利点がある道具なんじゃないかなと。

だから従来の「棒にふわふわがついているだけ」の猫じゃらしも、わが家には欠かせないアイテムです。

 

それとは別物として手に入れたのが、電動タイプ。

あまり高価ではなく、でもある程度は猫たちが楽しめる仕様の(動きが単調すぎない)ものをと検討し、レビューを参考にAmazonで買いました。

 

これを買おうと決めた理由は、安眠を取り戻すためでした。

 

同じ寝室で眠る子猫が、深夜でも早朝でもお構いなしに眠っている人間を起こし、きらきらした瞳で「今から遊びます」とこちらの都合も聞かずに訴えてくる。

もはや「遊んでほしい」というお願いではない実力行使の夜に悩み、対策をとり、一段落したのは昨年のことでした。

ベッドの下におもちゃを配置し、一人で遊んでもらう環境をつくることで解決したんです。

ところが当初設置したおもちゃには徐々に飽きてきたのか、春になって再びこの問題が勃発。春眠、春眠とひたすら寝ている子猫が、私が寝床に入るタイミングで元気いっぱいに大暴走してくれる日々が戻ってきてしまったから。

次なる対策が必要になり、選んだのが今回の電動猫じゃらしでした。

 

本体は成猫よりも小さめ。びっくりするほど軽いけれど、安定感のある形状。白い本体カラーに反し、付属のおもちゃはカラフルでした。

うちの猫メンバーには羽を食べてしまう子がいるので、残念ながら付属品四つのうち一つ(キラキラテープのものだけ)を残して処分ずみ。

このおもちゃは別途自作したり、他社製品で代用したりもできそうなので、付属品が使えなくても問題はなさそう。誤食さえ心配のないサイズや素材であれば、キーホルダーなども使えると思います。

これらのおもちゃを本体の外側にとりつけ、スイッチを入れると回転がスタート。おもちゃは本体を軸にくるくる回ります。その反対側についている赤いLEDライトは、ポインタータイプの猫じゃらし仕様。これでまた、一人遊びをしてくれないかなと。

 

最初にこれをお披露目したとき、わが家の歴代猫たちの中でも稀に見る暴れん坊だった子猫が、ドン引きしていました。

スイッチを入れて動き出したとたんに、背後にぴょこんと飛び跳ねてダッシュで逃げて行きました。

しまった、失敗した。そんなに怖いのか。

と思ったのですが、しばらく動かしていたら恐る恐る近づいてきて、様子を見ながら距離をつめ、しゃらしゃらと動くおもちゃに焦れ、とうとう遊び始めた様子がとんでもなくかわいかったです。

 

くるくると猫じゃらしが回るだけだと思っていたけれど、実際には右に左にと回転方向を変えながら、猫の興味を引く動きをしてくれました。スピードは三段階。

  1. SLOW(低速)
  2. MIDDLE(中速)
  3. FAST(高速)
  4. RANDOM(ランダム)

低~高速プラス変則の、四種類から選べます。

押せるのは真ん中の丸い部分だけで、何度かポチポチと押しながらスピードを選択。五回目で停止する、シンプルな構造になっていました。

 

いいなと思ったのは、本体がコードレスであるところ。動くおもちゃを追いかけ、周囲を走り回る猫たちも引っかかる心配がありません。それなのに電池交換をするタイプではなく、本体に直接ケーブルを挿す「充電式」になっているのは理想的でした。

充電ケーブルも付属していますが、手持ちのタブレットやスピーカーなどとも互換性があり、付属のケーブルも手放すことに。家族が職場で使ってくれるそうで、特殊な単用途の充電器でなかったのもメリットでした。

 

説明上は、一回の充電(満充電までに4時間)で最長10時間動くそう。

夜、就寝時間になっても子猫が遊ぶ気満々でぎらぎらしているときは、スイッチオン。つけたまま眠ってしまったことも、何度か。

本当はちゃんと停めてから眠りたいとも思うのですが、稼働中にも意識が途切れてしまうくらいには本体の動きが静かだったんです。静かな寝室だと多少のモーター音は響くけれど、夏場、扇風機をつけたままでも眠れる方なら気にならないくらいの音量かなと思いました。

 

夜中にふと目が覚めてこれを停めるとき、子猫は大抵遊び疲れてベッドの上ですやすや。

再び安眠を手に入れたことを、日々実感しています。

 

旧おもちゃはボールを転がして遊ぶサーキット型でした。一つのおもちゃで五ヶ月くらいもったのだから、その効果にも十分満足。

新しく電動猫じゃらしを取り入れたけれど、もしそれに飽きたら再びサーキットを出してみるのも一案かなと。一度飽きたおもちゃでも、しばらくするとまた興味を持ってくれることは期待できます。

猫じゃらしのほうも設置から一ヶ月ほどが経ち、当初ほどの興奮はなくなった様子ですが、それでも今のところ眠りを妨げられることはほとんどないので、しばらくお世話になろうと思います。

 

 

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ