失敗続きの、足元アイテム。

こんばんは、ヤマネコです。

ここ数年、買っては失敗をくり返している足元アイテムが一つあります。

いつもブログで取り上げているのは購入後しばらく使ってみてからのレビューが多いのですが、これは定期的に新しいものへの挑戦を試みているのに、現時点でもお気に入りを見つけられていません。そんな記録です。

 

自分でさがし求めているものの名称が、そもそも明確にわかっていません。同じような形状でも様々な用途や呼び名で見かけており、百円ショップで初めて購入したこちらは「足ゆびサポーター」という商品名になっていました。

たしか服飾品(靴下)のコーナーではなく、スポーツ用品や医療用品の棚に並んでいたように思います。

歩いたりこたつに入ったりしているとき、タイツの中のつま先が蒸れるような、はりつくような感覚をどうにかしたくて使ってみようかなと。そんなふうに思い立ったのが、2019年のことでした。上の写真もその当時のものです。

結論からいえば、蒸れ防止という目的は叶いそうな使用感だったものの、着用中にずれてしまうことが多く、タイツの中では容易に直せず、おそらく私の足の形状にあわなかったのだと思います。また十回も使用しないうちにほつれが生じてしまい、こちらの使用は早々に断念しました。

ただ使ってみたい気持ちは萎えることがなく、それから毎冬一点ずつ、メーカーや商品を変えながらリピートを続けています。

これも一昨年の写真。

こうしてみるとしっくりきているように思うのだけれど、動き始めるとどうしても脱げてしまう。上からタイツや靴下を履いても、それは変わりませんでした。

品質や使用感に対し評価できないということではなく、あくまで私の足との相性が悪い。それがとてももどかしいです。

 

結局、現時点でもこれというアイテムには出会えていません。

スニーカーソックスのようにかかとまであるタイプなら脱げることはないのですが、タイツの中に着用したいので、あくまでつま先だけのものを求めて。靴下ほどの種類がなくとも、実店舗でも、それこそ百円ショップでも扱いがあるものなので、一つくらい自分の足にあう運命の品と出会えるのでは、と。今年もいくつか候補を設け、改めて購入チャレンジを検討中。

実店舗であってもなかなか試着はできないし、できたとしてもしばらく歩いてみないと使用感がわからないので苦戦続き。とはいえあきらめずに快適に使えるものをさがしていこうと思います。

 

本日の猫。

猫のモフモフのつま先がちょっとうらやましく感じられる今日この頃。

白い物体はボトルのキャップです。

彼くらいになると(?)とびかからずに遊ぶこともある。

そんな中、時々ふと野生に戻ったかのような表情も見せてくれるのが愛おしいなと思います。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き