アクア・アクア&無印良品*アイブロウと、削り器。

こんばんは、ヤマネコです。

少しずつコスメを買い替え(買い足す)中で、アイブロウも新しいものを取り入れました。

もともと持っていたものがグレー系(ブラック)だったのですが、パーソナルカラー診断によると私の肌にはブラウン系のほうがよいとのこと。たくさんのコスメを買いそろえるのは難しいけれど、もともと使っていたアイブロウの色を変えるだけなら手軽かな、と試してみることに。

選んだのが、昨年から愛用し始めたファンデーションと同じメーカー「アクア・アクア」のアイブロウペンシルです。

  • ダークベージュ(落ち着きのあるベージュ)
  • ブラウンベージュ(明るいベージュ)

二色の選択肢から、ダークベージュを購入。私は黒髪なので「ベージュ」という色味は心配したけれど、実物はグレーがかったブラウンで、商品説明どおり問題なく感じました。

 

春先から使い始めて、およそ半年。在宅業だから、という言い訳を盾に毎日はメイクをしていないので、まだまだ使えそうです。のせている写真は大半が数ヶ月前のものですが、今でも残量は半分以上。

ただペンシルタイプなので、時々「削る」必要がありました。

 

エボニーペンシルのようにカッターで削ればいいのかな? と安易に考えていたのですが、新しいアイブロウは思いのほか芯がやわらかくて失敗しそう。タイミングよく春の無印良品週間で削り器を見つけたので、そちらを導入することに。

決め手となった最大の理由は、この形。

アイブロウペンシルにぴったりはまる、キャップ型なんです。

もともと無印良品のコスメ(木軸タイプ)専用アイテム。

無印良品木軸ペンシル(リップライナー、アイブロウ、アイライナー)以外にはお使いにならないでください。
引用元:公式サイト商品ページより

でもアクア・アクアのアイブロウに取りつけて、ゆるくも、きつくもありません。私は自己責任で使っています。

キャップは回転式になっていて、露出しているスチール刃をカバーすることも可能でした。

 

問題は削り心地。

これにも不満はありません。私が手で削るよりも、ずっときれいな先端を保てそうです。

ただ樹脂(ABS)部分が白いので、使っているうちに汚れてしまうだろうなと。以下、あえて削りカスを残したまま撮影しました。

アクアアクアのアイブロウの軸が白いので、キャップも白なのは個人的にすごくよかった。あつらえられたかのような組み合わせです。ただ汚れの目立ちにくさでいえば、他の色のほうが安心感はあるのかもしれません。

覚悟の上で使い始めましたが、私の使用頻度が低いためか、お手入れの配慮が功を奏しているのか、半年たってもひどい汚れ方はしておらずホッとしています。

 

現状、眉には他のアイテム(マスカラなど)を使わず、これ一本ですませてしまうのですが、そんなに迷走することもなくサラサラッと引けました。石けんで落ちるのも気に入っていて、まだ一本目もだいぶ長さが残っている今からリピする心づもりです。

キャップ型削り器のほうも、収納に困らず大満足。ただペンシルが長めだと、キャップは邪魔になりそう。場合によってはポーチなどに入りにくくなると思うので、「短めのアイブロウ(その他ペンシル型のコスメ)」と組み合わせてつかうのがよさそうかなと思いました。そういう意味でも、本家「無印コスメ」との相性が一番なのかもしれません。

私の場合は長さ的な問題はありませんでしたが、ポーチが風呂敷(?)なので、たとえ長いペンシルを使う場合も問題ないかなと楽観視しています

 

コスメも少しずつアップデートしていますが、未だにメイクは苦手分野。

それでもお世話になりたい日はあるので、わずかばかりの似合う色や使いやすい道具に助けてもらいながら、精進していきたいです。

 

 

本日の猫。

今夜も同行のお風呂から。

暑い季節は脱衣室と行き来しながら歩き回るのが楽しかった彼ですが、寒い季節は蓋の上でぬくぬくするのが好き。ただ、今みたいな季節はどうにも迷う様子。

今日から10月にしては暑いけれど、朝晩は肌寒くもあるので、猫ともども風邪をひかないように気をつけたいです。みなさまも、どうかご自愛を。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ