アルミ箔は、長い長い業務用。

こんばんは、ヤマネコです。

ラップと同じようなロールタイプのアルミ箔は、業務用を買っています。

買っています、というか、買いました。

初めて買った業務用サイズがまだ使い切れず、そういえば購入したのはいつだったろうか? と確認してみたら、2018年の年明け。実に二年半たっているのですが、手にした箱の重みが全然変わっていないように思えてなりません。

毎日ではなくてもコンスタントに使うので確実に減ってはいるはず。ただパンを焼くくらいの用途なら何度か使い回すなど、節約しながらの消費ペース。

そんな理由もあって、わが家で50m巻きはなかなか使い切るのが難しい量でした。

 

もともと一定の消費が見込めるものは、買い物の手間とコスト、そしてパッケージのごみを減らすためにも大容量のものを選ぶようにしています。アルミ箔も冬場にストーブの上で焼き芋やパンを焼くのに便利だと気づき、使用頻度も高まって大巻を買いました。

さすがに幅30cm、巻きが50mだと箱が大きくずしりと重くて最初は少し戸惑ったけれど、私自身が使いにくいことはなかったので今も不便なく活用しています。おそらく箱も小巻の製品よりだいぶ厚く頑丈で、二年半の間使い続けていても傷みを感じずにすんでいます。

紙製の刃も切れ味には問題なく、捨てるときも簡単なはず……と考えながら選んだものの、まだしばらくその機会もなさそうです。

過去に安く買った(あるいはもらった)アルミ箔で、巻かれたままの状態でくっついてしまう経年劣化を感じたことがあったのですが、こちらは今のところ、表面の数メートルに関しては問題なさそう。購入当時に色々見て回った中では海外製造品も多かったのですが、ほとんど価格が変わらないのに日本製を選ぶことができたのも多少は正解につながっているかもしれません。

 

三年目の半ばでもまだ使い切れそうな気配がなく、たびたび「さすがに大巻すぎたかな」と考えてしまいます。でも、その都度アルミ箔は簡易食器など多用途に使えることを思い出します。防災用の備蓄も兼ねるなら、なかなか使い切れない長さでもよかったかな、と考え直すそのくり返し。

最近また地震への心配が高まっていて、いつもなら9月を目途にしていた防災用品のチェックを早々と始めました。関東でもじきに梅雨明けしそうですが、真夏の厳しい暑さに唸り始める前に、安心できる備えと環境を改めて見直しておこうと思っています。

 

 

本日の猫。

今日も兄弟並んだ写真撮影に失敗。誰かしら動いてしまうから何枚かはピンボケになるし、残りはそれを避けるために焦って見切れてしまいます。

でも兄猫単体でもこんなにかわいい(親ばか)ので自分への評価はついつい甘くなり、これでもよしと思うのでした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き