ホットで飲む、アーモンドミルク。

こんばんは、ヤマネコです。

先月コストコでアーモンドミルクを買ったのですが、飲み方に少し悩んでいました。

 

アーモンドミルク。もともと牛乳とは違うものという意識はあったのだけれど、私がこれまで飲んでいたアーモンドミルク(日本メーカー品)と、コストコの製品(アメリカが製造国)とを比べても、また違う、という印象でした。

日本メーカーのアーモンドミルクはコーヒーやシリアルに注いでもおいしかったけれど、コストコのものは少し薄いような、甘みの少なさを感じました。改めて原材料を見て、それも納得。

(スペルと、ざっくり調べた日本語訳や用途に誤りがあったらごめんなさい)

砂糖や、それに代わる甘味料が入っていないようです。ちなみにジェランガムの項目には多糖類と入れましたが、用途としては安定剤や増粘剤として使われているものかなと。そうなると私にわかる範囲で「味」にかかわるものは、主原料のアーモンドと塩くらいでした。

そのまま飲むとさっぱりとしたアーモンドの風味と香りのよさでおいしい。でも、コーヒーや紅茶などと組み合わせる場合、私には物足りなく感じてしまう。ミルク感はあるのだけれど、なんだかベースとなる飲み物を薄めてしまう(お湯を足したような)感じ。

カフェラテやシリアルとの組み合わせで楽しみたいと思っていたので、これは想定外。ちょっと困ってしまいました。

 

悩みながらあれやこれやと試行錯誤した結果、これはとくにおいしい、と思えたのがホットチョコレート。

小鍋にアーモンドミルクを入れてあたため、チョコ(ハイカカオにしました)を加えて溶かすだけ。

ちなみにこの日はミントも入れました。

ホットアーモンドチョコレート(ミント入り)ドリンク。

アーモンドとチョコレートが、あわないわけがないのです。他にも色々試したけれど、私としてはこれがすごくおいしい割に簡単・時短で、夜な夜なつくるようになりました。

 

牛乳と比較すると、アーモンドミルクのカロリーや糖質は半分以下。コストコのアーモンドミルクは甘味料も使われていないので単体で飲むと甘みの少なさが気になるかもしれませんが、ハイカカオのホットチョコレートなら(なんとなく)引け目を感じることもなくおいしく飲めます。

また焼き菓子づくりでも、牛乳の代わりにアーモンドミルクを使い始めています。

先月たくさん焼いていたシフォンケーキもすべてアーモンドミルクを使っていました。

シフォンに使う量ではアーモンドの風味はほとんど残りません。誰にも気づかれなかったし、自分でも忘れてしまうくらいだったのですが、ふくらみやしっとり感への影響もなく十分な代用品になっています。

 

過去に飲んでいたアーモンドミルクは、もっと濃厚で甘みもあった。
(写真は昨年のものですが、こちらが原材料もシンプルですごくおいしかったです)

それはそれでドリンクとして完成していたけれど、以前にも書いていたとおりいずれは「自家製アーモンドミルク」を目指しています。そう考えると、コストコ製品のほうが自家製の味(シンプルさ)に近く、「牛乳の代わり」として扱うなら工夫が必要になるのかなと気づくきっかけになりました。

最近は日を追うごとに慣れてきたのか、甘みがなくてもアーモンドだな、とおいしく感じ始めています。

 

尚、先月購入時の価格は、946mlが12Pで、1,598円でした。1Lには満たないけれど、一本133円と最寄りのスーパーで牛乳を買うのと大差がないか、安いくらい。

ただその数週間後、コロナウイルス(休校・給食廃止など)の影響で牛乳が余っているという情報を知り、アーモンドミルクをまとめ買いするタイミングを誤ったなと反省することに……。

幸か不幸か今のところコーヒーや紅茶には牛乳を足すほうがおいしく感じるので、使い分けつつ、まだまだ新しいレシピや用途を模索していきます。

 

本日の猫。

あなたは知っていますか……?

わが家(ネコハウス)には猫専用ドアがあるのですが……

ボクはまだこのドアが開けられません……。
(知恵もパワーもある暴れん坊なのに……)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き
シンプル・ミニマルライフの美容と健康