秋冬服、はじめました。

こんばんは、ヤマネコです。

今日から本格的に秋冬服の着用を始めました。

9月に入って一気に秋めいたように感じていたけれど、その後また残暑が戻ってきました。そこから数日前までほぼノースリーブですごし、ここ数日はまた肌寒くなってきている。

三寒四温とはまた異なるものの目まぐるしく起こる変化になんとか耐える秋。最近の気候変化を考えるとまた夏日が戻って来ないともいいきれないけれど、そろそろ10月も半ば、衣替えを推し進めてもいい頃合いだろうと動き出したところです。

秋冬服といっても、今春に着用していたワンピースをそのまま再採用。

夏にヘビロテしていたワンピース(チュニック、こちらはグレー)のほうは化繊素材ゆえか洗濯にも強く、ぱっと見ほとんど劣化がないように見えるのですが、間近でみると無数の毛玉が。

1mmにもならない小さな毛玉で、着用中に見下ろしてもほとんどわかりません。手をすべらせるとざらつきを感じるものの、毛玉取り用の専用道具を使っても除去が難しいため気づいたときから放置状態。

でも涼しくて、軽くて、楽で、着やすくて。

夏半ばには来季も着用できるのでは? と思うほどストレスのない理想的な服だったのですが、さすがにここで処分することにしました。綿や麻100%なら友人に素材として譲渡するところ、今回のものは化繊の割合が多めの混紡ゆえ年末までの大掃除でウエスとして使い切る予定です。

 

そんなわけで春服として愛用していたユニクロのワンピースを、秋冬服としても使い始めました。春同様、同じワンピース二着を隔日で回します。

常に同じ服を着ているように見えるのだけれど、私の場合は毎日欠かさず顔をあわせるのが家族くらいなのであまり気にしません。

ややふんわり感のあるワッフル生地は今の季節も透け感などを気にせず一枚でさらりと着られるし、私にはひざ丈くらいになるため素足でも寒くありません。真冬には重ね着や小物を足しながらすごす予定。

以前にもふれたとおり現行品(後継品)とは生地の厚みなどが違うようなのですが、手持ちのものには冬いっぱいお世話になりたいと思っています。

 

本日の猫。

わが家の定番ルールで買ってきた玉レタスで、おやつタイム。

顔が隠れてしまった……と思ってシャッターを切り直したら、やはり写らない。できれば動かないでいただきたかった。

仕方ないなあと思いながら、いつものように私の前で「おすわり」をしてくれるのを待つつもりでしゃがみこんだら……

……そういえばこのワンピース、彼も(敷物の生地として)お気に入りなのでした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き