311*防災用ヘルメット、私の失敗。

こんばんは、ヤマネコです。

東日本大震災から、十一年がたちました。

「3.11」

この日を目安として、毎年この時期に防災用品などの見直しをしています。

 

最優先は飲食品や、トイレ関連をはじめとする衛生用品。人と猫、両方です。更に忘れてはいけないのが身を守るアイテム。移動時に必要な靴、防寒具や雨具など、あらゆる状況を思いめぐらせながら必要なものを確認していきます。

すでに持っているものは、今すぐにでも快適に使える状態か。
まだ所持していないものは、改めて買い置くべきか。どう手に入れるのか。

一つずつ考えながら進めていました。

 

今回、飲食品以外で真っ先にお手入れしようと取り出したのがヘルメットでした。

わが家では2014年から折りたたみタイプのヘルメットを備えています。

トーヨーセフティのブルーム(BLOOM)。普段は少し薄くたたんでおくことができ、従来品ほどは収納スペースをとりません。

そしてしくみさえわかっていれば、数秒たらずで見知った形のヘルメットになるものです。

 

実はすっかり失念していたのですが、こちらのヘルメット、保管年数が購入から六年だそう。見た目の変化がなくとも、六年を目安に買い替えを推奨されているのだとか。

2014年の購入品なので、わが家では二年もオーバーしていました。

 

実質、避難訓練でもほとんど出番はなかったし、正直まだ買い替えたくないのが本音。とはいえ必要なときに役に立ってくれないとすれば本末転倒となるため、困惑したまま新しいものを検討し始めました。

そこで改めて気になったのは、ヘルメットの交換頻度やつくりのこと。

  • 折りたたみという複雑なつくりだと、劣化しやすくなるのか?
  • 昔ながらの仕様・形状のものであれば、長く使えるのか?
  • 選んだメーカーの安全基準などによって使える年数が大きく変わるのか?

などなど。

ヘルメットを購入した当時、防災用で収納しやすいものをと選んだのですが、それ以外のことを何も知らないまま決めてしまったんだなと。すっかり、十年、二十年、素材や状態に変化がなければ半永久的に使えるつもりでいました。

 

結論からいえば、メーカーの違いや折りたたみかどうかは関係なく、「防災用ヘルメット」の耐用年数の基準が六年と決められているそう。どこでどんな仕様のものを買っても、基本的には同じ条件ということのようです。

防災用ヘルメットには、厚生労働省の「保護帽の規格」の型式検定合格品として、「労・検」のラベルが貼付されています。
異常が認められなくても防災用ヘルメットとして購入し、保管を始めてから6年を経過した防災用ヘルメットは交換してください。
引用元:[PDFファイル] 一般社団法人日本ヘルメット工業会

どんなに高価なものを買ったとしても、一度も使う機会がなかったとしても、交換時期は六年が目安なんだ! と。確認不足だった私にはショックな情報でした。

 

また一度でも衝撃を受けたヘルメットは、外観に異常がなかったとしてもその時点での交換が推奨されるそう。

私は、たとえば転びそうなスポーツのときや、ちょっと危険な場所を散策するときなどに、このヘルメットが兼用できると思っていました。その兼用自体は可能かもしれないけれど、実際に転んだり、何かにぶつかったりした場合は交換する必要があった。

幸か不幸かそういう機会はなかったけれど、仮に地域の防災訓練などに持ち出してそこで何か衝撃を受けていただけでも買い替えなければいけなかったということ。それを初めて認識しました。

 

この件は本当につい最近気がつきまして、ヘルメットの新調は今日までの見直しに間に合っておりません。

早めに買い直す心づもりにはなりましたが、今後六年の備えとなると即決もできず。ひとまず万全とはいえないまでも、現状のものを備えたまま次のものを検討しようと思います。

やはりコンパクトになるもの(でも少しお高いもの)がいいのか、六年ごとの買い直しを念頭におきつつ条件に適う範囲で安価なものを選ぶのか、まずはそこから考えていくことに。

できれば備えは可能な限り万全な状態で迎えたかった3.11、まさかの見落としに反省する日となりました。

 

今年もこちらの企画に参加させていただきました。
(ヤフーで「3.11」と検索することで、自己負担なく10円の募金ができます)

昨年にもあったか記憶していないのですが、今年はLINEでも挑戦。QRコードを読みこむだけで簡単でした。

 

本日の猫は、数日前の写真から。

ヘルメットのメンテナンスなどをしながら交換の必要性に気づき、ああどうしよう……と悩む私の横で、弟猫はとても楽しそうでした。

実際に新調したらプレゼントする選択肢もあるでしょうか……ひもは心配なので少し考えます。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き