311*ウェットティッシュの使用期限は?

こんばんは、ヤマネコです。

今年も訪れた、3月11日。

私が「被災地のため」にできることなんて微々たるもの。何かしたいという想いはいつでもあるし、できることがあれば精一杯の力を尽くすけれど、それを見つけること自体が難題でした。

でも見方を変えれば、私にもできることは色々あるのです。

  • どこかで(誰かに)災難があったとき、自分の平常は揺るがないようにする。
    (悲しみで仕事が手につかなくなるより、きちんと稼いで寄付するほうが合理的)
  • 自分に災難があったとき、可能な範囲で助けを求めずに生きられるよう備える。
    (ものごとの備えと同時に、家族での話し合いや、心の備えも)

今はこういうことを大切にしています。

 

そんな気持ちとともに、今年に入ってから今日(311)を目指して、少しずつ備蓄類の見直しをしていました。意図せず購入を急いだ寝袋や、保存食の賞味期限チェックの方法などもその一環で。

飲食品については自分なりに管理ができていると思うのですが、悩んだのは別のもの。

一つはウェットティッシュ。これは五年くらい前に買ったものだと思うのです。

当時、猫まわりではウェットティッシュをよく使っていて、その代用にベビー用品も取り入れていました。品質はとてもよかったし、ワンニャン用よりも安く手に入ったからです。

 

ただ徐々に使う機会が減っていて、今や五年前のものが未開封のまま手元にある状態。

食品ではないし期限の明記もなく、あまり気にしていなかった(中身が乾燥するまでは大丈夫だと思いこんでいた)のですが、さすがに心配になり調べてみたら、やはり。

私が持っているもののメーカー(LEC)サイトでは詳細が見つからなかったのですが、

  • ネピアでは似た商品について「1~2年」
  • ピジョンやクレシアでは未開封の状態で「3年間」

どこのメーカー品もそのくらいが目安のようで、いくらなんでも五年は長すぎたなと。

手持ちのものは(衛生的な問題を除外すれば)「ウェットティッシュ」としては問題なく使えそうなので、ひとまず掃除などで使い切り、買い替えることを決めました。

 

他にも、以前購入したコンパクトな寝袋。

保温性のあるアルミの袋で、厚みやふかふか感はありません。類似品は100円ショップでも見かけ、あくまで避難時やアウトドア用。でもたたまれた状態だと手の平サイズに収まるので、備えとしてはあると安心だと思います。

ただ、これにも落とし穴が。

上の写真は数年前に買い替えたものなのですが、先代は使う機会がないまま五年以上経っていて、あるとき興味本位で開いてみたら、表面がボロボロになっていました。アルミの黒い粉(?)だらけで、それを寝具に使うのは心配になるほど。

購入後すぐに開封するようなものではなかった(という認識だった)ので、劣化に気づくのも遅れてしまったんです。

 

使用期限の明記がないもの、見た目では「使える」と感じてしまうもの(衛生状態の判断がつかないものなど)は、経年劣化を見落としがち。

今後はそういったものも含めて、定期的な見直しをしつつ、「劣化しにくいもの」や「日常的に使えるもの(ローリングストックが可能なもの)」という条件で、選びなおすことも考えていきます。

 

そして今年も。

Yahooで「3.11」と検索すると一人につき一円が寄付される、そんな企画に参加しました。

自分が負担するのは「検索の手間と時間」だけ。できることは多くないけれど、想いはなかなか形にできないけれど、こういう場があることに、今年も感謝です。

 

確認しておきたいのは、こちらのテーマも。

 

本日の猫。

あの日から、七年。

ぼくらにできることは…

次に来る地震を予知することですね!

でも、ぜんぜん伝わんないんですよね…。
(彼らに予知ができたとしても、私の理解力によっては台無しになるという話…)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告